ドラマ女囚セブンにAKB48岡田奈々が出演決定

剛力彩芽さん主演の2017年の春ドラマ「女囚セブン」は、女性たちの激しいバトルが繰り広げられるエンターティメント作品です。

剛力彩芽さんをはじめ、平岩紙さん、トレンディ麗奈さん、木野花さんなど個性的な女優が集結したドラマに、新たに追加メンバーが発表されました。

スポンサードリンク

ドラマ女囚セブンのあらすじ・ネタバレ

京都で芸妓として生活していた剛力彩芽さん演じる主人公の神渡琴音が、同僚の芸妓を殺害した罪で投獄されます。冤罪ではいった刑務所で神渡琴音を待ち受けていたのが、6人の女囚たちです。

宝塚の男役のようなふるまいをする謎の政治秘書、DV夫を殺害したキレると怖いシングルマザー、後妻業で服役している勘違い女、全身整形しているネガティブモンスター、老々介護で夫を殺したおばさん、そして刑務所内に精通している女。

刑務所内で新人女囚いじめが行われるも、京都で陰険な姉さんたちから鍛えられていた琴音にとっては怖くも何ともありません。

平然とかわし、やり返す。転んでもただでは起きない、女ダークヒーローが、刑務所内で頂点を目指します。

自分がなぜ投獄されたのかという、最大の謎を追いかけながらも繰り広げられる、女性ならではの激しいバトルが絡み合う痛快サスペンスストーリーです。

AKB48の岡田奈々さんが女囚セブンに出演決定

金曜ナイトドラマ「女囚セブン」では、剛力彩芽さん他同じ雑居房の人6の女囚ほか、公式サイトではどんどんと出演者が発表されています。

物語のカギを握る法務大臣に高嶋政伸さん、神渡琴音の育ての親に、梶芽衣子さん、さらには刑務官に内藤理沙さんや、同じ刑務所に服役する女囚として大幡しえりさんも出演されます。

そして、AKB48の岡田奈々さんが「女囚セブン」に出演することが発表されました。

今の段階でどういった役どころになるという発表はまだされていませんのでわかりませんが、刑務所内の女囚、新人刑務官、そして琴音を慕う後輩舞妓が琴音の無実のために独自に動き始めるというストーリーから、その協力者という可能性もありますね。

AKBの岡田奈々さんについて

岡田奈々さんは、1997年11月7日生まれの19歳です。

7日生まれということで、奈々となずけられた彼女は、同姓同名の女優がいることを両親から知らされており、きれいな人でうれしいと感じたそうです。

中学生時代にAKBにはまり、2011年にAKB48の第13期生オーディションを受けますが落ちてしまいます。

しかし、2度目のチャレンジした2012年の第14期生オーディションで合格を果たしました。

研究生からチーム4に昇格、2014年にはAKB48の36thシングル「ラブラドール・レトリバー」で初の選抜入りを果たしました。

同年には、37thシングル選抜総選挙で51位を獲得し、フューチャーガールズに選ばたり、女優としてはミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」で、主人公のよきライバル水野春子を演じました。

その年38thシングル「希望的リフレイン」に収録されている「今、Happy」で初センターを務めると徐々に人気を上げ、総選挙でも年々順位を上げていき、2016年には14位を獲得し、初の選抜入りを果たしました。

チーム4では副キャプテンを務め、STU48のキャプテンに任命されました。

スポンサードリンク

まじめな性格が魅力の岡田奈々さん

岡田奈々さんの魅力といえば、まじめな性格で努力家なタイプでどんなものでも、全力で打ち込めることですね。

自分に自信がなかったと語る岡田さんですが、常に全力で打ち込めることが唯一の救いだったと語っています。

今回はAKB作品ではないので、アウェイな撮影になるかもしれませんが、持ち前のまじめさで乗り切ってほしいと思います。

周囲から「マジメか!」と突っ込まれるほどの彼女は、ダンスや歌でもその才能を発揮し、研究生の中でも異例のスピードで昇格を果たしました。

当時同期で人気だった小嶋真子さんや西野未姫さんと三銃士と呼ばれAKB48の中でも大きな期待を受けていました。

握手会でも、ファン一人一人に対して神対応を続け、総選挙でも選抜入りを果たします。

岡田奈々は機能性低血糖という病気

「女囚セブン」の出演も決まり、順風満帆にみえる岡田奈々さんですが、AKB48 45thシングル選抜総選挙の時に自身が「機能性低血糖」という病気であることを告白しました。

この病気は、血糖値が低くなってしまう病気で、極度の疲労頭痛めまいなどが発症し、体調不良になることが増えるそうです。

血糖値の上げ下げを自身でコントロールできなくなり、そのためにうつ状態パニック症状を引き起こすことがあるという病気です。

原因の一つには日々のストレスもあり、血統コントロールをする副腎に疲労を与えてしまうことがあります。

総選挙のほか、バラエティ番組や公演、インタビューなど様々なストレスがあるのかもしれませんね。

そのため、2016年には一時休養することもあり、4月2日以降も急性胃腸炎をおこし、少しの間休養していました。

世界に通用する歌手であり、女優になることを目標に忙しいAKB48の活動の中で、病気と闘いながらも頑張ってほしいですね。

AKB作品で演技を披露

女優デビューが2013年に放送されたスペシャルドラマ「So long!」です。その後、2015年放送の「マジすか学園」シーズン4とシーズン5では、カタブツ役で出演しています。

スピンオフドラマ「劇場例からの招待状」では、第2話「死期」で初主演を果たすと、「AKBラブナイト 恋工場」の第23話「恋空模様」でも主演を務めました。

岡田奈々さんが今まで演技を披露してきたほとんどがAKB作品でした。

今回、脚本を務めるのはテレビ朝日系ドラマ「民王」や「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」を担当してきた西荻弓絵さんの完全オリジナルストーリーです。

ユーモアのある世界観と、テンポのいいストーリー展開、おしゃれな会話劇に定評のある西荻弓絵さん作品で、新たな一面を見せてくれると思います。

スポンサードリンク

まとめ

2017年4月21日からスタートする金曜ナイトドラマ「女囚セブン」は、毎週金曜日のよる11:15から放送されます。

シュートカットになってイメージも一新したAKB48の岡田奈々さん。

今回出演が決まりましたが、何話に登場するのか、どういった役どころになるのかわかりませんが、この「女囚セブン」で真摯に取り組むことで女優として新たな一面を見せてほしいですね。

ドラマ 女囚セブンの原作や脚本について

2017.04.03

ドラマ女囚セブンのキャスト(出演者・登場人物)について

2017.04.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です