ドラマ嘘の戦争のネタバレ・あらすじ3話について

元SMAPの草彅剛主演のドラマ「嘘の戦争」は大企業の社長に詐欺の手法を使って家族の復讐をしていく痛快エンターテイメントになっており、現在1話~2話まで放送中です。

今までのあらすじと第3話のネタバレ・あらすじを記載していきます!

その前に嘘の戦争のストーリーやキャストを記載しておりますので、ご覧ください!

▼ 嘘の戦争の関連記事  

スポンサードリンク

ドラマ嘘の戦争とは?

「チームバチスタ」「銭の戦争」「神様のカルテシリーズ」等で知られる脚本家の後藤法子や、「銭の戦争」のスタッフが2年ぶりに再集結した復讐シリーズ第2弾の草彅剛主演オリジナルドラマです。

嘘の戦争のストーリーについて

母と弟を殺した父が自ら無理心中したが、それは仕組まれた殺人事件だった。

犯人の顔を見てしまった9歳の主人公・浩一は、警察に「犯人は父ではない、自分は真犯人の顔を目撃した」と何度も証言するが警察や親戚に信じてもらえず「嘘つき」と呼ばれ、奇異な目で見られてしまいます。

時が経ち、「嘘つき」の呼び名が定着してしまった浩一は巧みに嘘がつけるようになります。海外に渡米し、名前や偽の経歴を作成し、詐欺師となります。記憶の中で真犯人に再会した浩一は復讐を誓って日本に戻ってきます。

殺人事件の当夜の真相の真実に迫る中で浮上する関係者達の存在30年目で事実を知り、詐欺師となった浩一は、事件関係者たちに罠を仕掛け、スキャンダルを暴き、犯罪者としての顔を暴き、社会から抹殺しようとする浩一に大企業の社長が阻みます。熾烈な攻防戦を繰り広げる浩一は、復讐の思いを果たすことが出来るのか!

相棒の女性詐欺師や大企業の愛娘の女医との三角関係や複雑な愛憎劇もあるようです。

「嘘の戦争」キャスト

主役・一ノ瀬浩一・旧姓千葉陽一役「草彅剛」

幼い頃に家族を殺され、天才的な詐欺師の主人公一ノ瀬浩一が詐欺師となって復讐を果たそうとする。

仁科隆役「藤木直人」

仁科家の次男でニシナコーポレーションの社長。

十倉ハルカ役「水原希子」

浩一の詐欺師の仲間で相棒。

八尋カズキ役「菊池風磨」(SexyZone)

詐欺師の浩一の仲間で詐欺師見習い。

百田ユウジ役「マギー」

詐欺師仲間である浩一の兄貴分の百田ユウジ。

七尾伸二役「姜暢雄」

ニシナコーポレーションの会長の秘書。

四谷果歩役「野村真純」

ニシナコーポレーション社長の秘書。

千葉一恵役「中島亜梨沙」

主人公・陽一の母親。

三瓶守役「大杉漣」

主人公陽一の児童養護施設の経営者。

仁科楓役「山本美月」

仁科家の長女で医師。

仁科晃役「安田顕」

仁科家の長男でニシナグループの子会社社長。

仁科興三「市村正規」

ニシナコーポレーションの会長。

スポンサードリンク

ドラマ「嘘の戦争」これまでの登場人物まとめ

詐欺師の仲間との出会い

父親や家族を殺され、嘘つき呼ばわりされ、詐欺師になった一ノ瀬浩一(草彅剛)には相棒の十倉ハルカ(水原希子)や八尋カズキ(菊池楓磨)の詐欺仲間がいます。ハルカとは、浩一がタイにいたとき詐欺被害によって浩一が詐欺の手ほどきをして、相棒になります。見習い詐欺のカズキはPCでの情報収集がメインで、浩一の師匠・百田ユウジ(マギー)が経営する詐欺師のたまり場「BAR800」で相談をしています。

浩一の事件の鍵を握る仁科コーポレーション

仁科コーポレーション創設者の仁科興三(市村正規)は病気のため次男の仁科隆(藤木直人)に会社を譲り、自身は会長として会社に存続します。
長男の仁科晃(安田顕)に子会社の社長をやらせるが、その理由母親が違うからのようで、隆は幼少な頃は優しい子供であったが会社の社長になってからは冷徹な経営者になってしまいます。長女の仁科楓は、そんな兄の隆を見て会社に関わるのが嫌で緊急救命医になります。

これまでの「嘘の戦争」あらすじまとめ

第1話のまとめ

浩一の家族を襲った犯人は楓の勤める病院で先生・五十嵐と仁科興三の部下の2人が仁科興三に指示され、起こした殺人事件だったそうです。

警察にも圧力をかけ、心中事件に片付けられます。ウソを言わないと病院から出られない千葉陽一(浩一)はこの世はウソばかりだから騙す側に回る決意をし、タイに渡り、名前を一ノ瀬浩一に変え、詐欺師になります。

タイで五十嵐と会い、腕には忘れられない犯人のあざがついていて、日本に戻り、五十嵐の事をゆすり、初めに破滅させます。興三に近づくため長男の晃と長女に近づき信用させることに成功します。興三とパーティの席で信頼を勝ち取ろうとした精神的に追い詰められた五十嵐にナイフで刺させ、疑っている隆を笑います。

第2話のまとめ

次の復讐の標的は仁科家の顧問弁護士の六反田で、浩一の父親の事件でウソの証言をした新聞配達員で、ウソのおかげで今や弁護士になって裕福な生活をしています。

復讐を始めた浩一はまず初めに、嘘のメールを送り隆と仲間割れを起こさせ、さらに詐欺集団との関係も警察に告白させます。破滅した六反田の次の標的は誰なのか!

ドラマ「嘘の戦争」第3話のあらすじやネタバレを下記では記載しております。

第3話のあらすじ・ネタバレについて

復讐の鬼となった浩一は30年前に家族や父親を殺した犯人の五十嵐(甲本雅裕)や、うその証言をした見返りに仁科家の顧問弁護士になった六反田(飯田基祐)を罠に陥れ復讐を遂げていきます。

一方では興三(市村正規)に近づくため晃(安田顕)や楓(山本美月)との距離も縮まります。浩一が次に狙う標的は30年前に捜査を担当した刑事の三輪郁夫(六平直政)三輪は浩一の家族が意図的だと知っていながら殺人を隠ぺいして9歳だった陽一(浩一)に事件は父親の心中だったとうその証言を強要した人物だった。浩一の復讐が再び始まります。

三輪の身辺を調べると思わぬ人物だったことが明らかになるそうです。

一方で、晃を味方に付けた浩一は楓との仲も急接近します。相棒のハルカはそんな浩一を複雑な思いで見つめているようです。

隆(藤木直人)は30年前の事件の生き残りである千葉陽一と一ノ瀬浩一が同一人物だとはまだ気づかず、ますます浩一に対して不信感を募らせます。

スポンサードリンク

「嘘の戦争」これまでのゲスト

第1話ゲスト

三枝春男役「佐戸井けん太」
五十嵐久司役「甲本雅裕」
千葉陽一役「小松利昌」

第2話ゲスト

六反田健二役「飯田基祐」

まとめ

現在放送中のドラマ「嘘の戦争」は現在2話まで放送され、毎回ゲストも楽しみな番組です。草彅剛演じる詐欺師一ノ瀬浩一がどんな復讐を果たすのか!そんなキャストたちも豪華な復讐劇ドラマ「嘘の戦争」に期待です。

まだまだこれからどうなるのかわかりません、何が起きるか楽しみになるようなドラマですね!リアルタイムで視聴する方は時間を間違えないようにしましょう!録画する方についても同じことが言えます!ではこれからも「嘘の戦争」をお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です