ドラマ奪い愛、冬のキャスト紹介!三浦翔平と倉科カナが主演?

2017年の1月20日からスタートする金曜ナイトドラマ「奪い愛、冬」。2016年に放送した「不機嫌な果実」のスタッフが集結して作るドラマで、ドロドロとした濃厚な泥沼愛憎劇から今度は、ドロドロの中にもキュンとされるような奪い合う恋愛をテーマに置いたもの。

森三中の大島美幸の夫・鈴木おさむさんを脚本に迎え、これまでにない恋愛ジャンルといえる完全オリジナルストーリーとなっているので、先の読めない展開にきっと目が離せないはずです。

そんな激しい恋愛ドラマを演じるキャストをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ドラマ奪い愛、冬のキャスト紹介

池内光(いけうち ひかる):倉科カナ

プロポーズをされ幸せいっぱいな時に、最愛の元カレに出会ってしまい、相手に奥さんがいると知りながらも心惹かれていく主人公・池内光を演じるのは、NHKの朝ドラ「ウェルかめ」のヒロインを演じた倉科カナさん。

倉科カナさん自身、ラブストーリーの経験が少なく、気恥ずかしさも感じているそうですが、
第1話からかなり刺激的なベッドシーンも披露していて、まさに体当たりで演じています。

倉科カナさん演じる池内光は、「アッパーワークス」というデザイン会社で働く出来る女。正義感も強いので、出会ってしまった元カレへの愛を自制しようとする気持ちと裏腹に求めてしまう姿に注目です。

奥川康太(おくがわ こうた):三浦翔平

光と同じデザイン会社に勤めているやさしく癒し系の婚約者・奥川康太を演じるのが三浦翔平さん。母親に猛反対されても光と婚約するなど、やさしいけれど芯の強いところもあり、好印象の若者ですが、ドラマが進んでいくごとに嫉妬に狂っていくキャラクターを演じていています。

脚本家の鈴木おさむさんもビビるほどの過激なキャラクターで、嫌な人間になっていくことがわかっているのに、嫉妬心が止まらず我を忘れるという役柄に本人も「今後、どうなっちゃうんだろうと思った」と不安だったそうです。

森山信(もりやま しん):大谷亮平

 

昔、池内光の上司でもあり、元カレでもあった、今回のキーパーソン・森山信を演じるのが第二のディーン・フジオカと呼ばれている大谷亮平さん。大人気ドラマ「逃げるのは恥だが役に立つ」にも出演されていましたね。

光が結婚を考えていた相手でしたが、ある日突然一方的に別れを告げて、光の前から姿を消してしまいます。そして、幼馴染の蘭と結婚し、現在は「ウルトラデザイン」というデザイン会社に勤めていて、3カ月限定で東京に戻ってきたときに、光と再会してしまうんですね。

いけないとわかりながら光との禁断の愛に飲み込まれていく信を色気たっぷりに演じています。大谷亮平さん自身、女性に依存される役を演じるのは、初めてとのことで、デザイン会社での優秀な表の顔と、決して見せない大きな闇を抱えた内面をしっかりと表現したいと意気込んでいるそうです。

豊野秀子(とよの しゅうこ):秋本才加

池内光や奥川康太と同じ「アッパーワークス」の社員・豊野秀子を演じるのは、元AKBの秋元才加さん。

性格が明るく社内評判も良くて、池内光とも仲良し。とってもいい子に見えますが、実は康太のことが好きで、あわよくば奪ってやろうと画策している裏の顔を持つ女なんです。

表と裏の二面性のある役をどういう風に演じてくれるか楽しみですね。

尾上礼香(おのうえ れいか):ダレノガレ明美

奥川康太の幼馴染で、元カノでもある尾上礼香を演じるのは、タレントのダレノガレ明美さん。奥川家と家族ぐるみの付き合いをしていて、康太の母親は、大学時代に付き合っていた彼女と結婚させたがっているようです。

本編ではそこまでクローズアップされませんが、この尾上礼香という役でダレノガレ明美さんがなんとインターネットテレビ局「AbemaTV」のスピンオフ企画で生ドラマに挑戦するそうです。タイトルは「もうちょい、奪い愛 with 生ドラマ」。

寝室で、康太に対する思いや、光への嫉妬心なども吐露するシーンがあり、こちらも注目です。

加藤清(かとう きよし):西銘駿

森山信の後輩で、仕事ができる信を尊敬している加藤清を演じるのは、仮面ライダーゴーストで人気の西銘駿さん。

信が行くところにはどこでもついていくワンちゃん精神の持ち主のようで、どんなヤバい場面を目撃してくれるのか期待したいですね。

スポンサードリンク

斉藤部長(さいとう):ミスターちん

「ウルトラデザイン」の部長で、森山信の直属の上司である斉藤部長を演じるのがミスターちんさん。信の奥さんである蘭のことをよく知っているようです。

池内麻紀(いけうち まき):キムラ緑子

女手一つで子供を育て、小さな定食屋を営む、池内光の母親をえんじるのは、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」で注目されたキムラ緑子さん。

娘の幸せを誰よりも願っていて、奥川康太との結婚にも賛成しています。今後、信に惹かれていく光にどういう態度を示していくのか気になりますね。

武田玄(たけだ げん):三宅弘城

「アッパーワークス」の部長。森山信に強烈なライバル意識を持っていたかつての信の上司でもある武田玄を演じるのが、劇団ナイロン100℃の看板俳優でもある三宅弘城さん。

光にフラれた経験があり、今は、部下である豊野秀子と親密な関係を持っています。演技の幅が広く、ボケ役から狂気を感じさせる役まで劇団で培ってきた演技力でドラマの占めてくれる存在になりそうですね。

奥川美佐(おくがわ みさ):榊原郁恵

奥川康太の母親で、料理研究家をしているお金持ちの奥様・奥川美佐を演じるのが、榊原郁恵さん。一人息子の康太を溺愛するあまり、身元調査をしたり嫌がらせをするという陰湿な性格です。

榊原郁恵さんの普段見せる明るく元気なイメージとはかなり違っているので、どういった仕上がりになるのか注目どころですよ!

森山蘭(もりやま らん):水野真紀

夫に怖いぐらいの愛情をそそぐ森山信の妻・森山蘭を演じるのが水野真紀さん。幼いころからずっと好きだった信が夫になった後も強い執着心があり、たった3カ月の東京勤務にも同伴するほどの異常なまでの愛情を見せます。

水野真紀さん自身、ここまでの嫌われ役を演じるのは初めてのことで、ワクワクしているすです。女優としても「恋愛依存体質の女の深い業」を突き詰めて演じたいとコメントしていますね。

挑戦状のつもりで書いたキャラクター

脚本の鈴木おさむさんが「この作品は、(キャスティングされた)皆への挑戦状」と語るほど、どの役も内面が複雑で、過激な人ばかり。

キャスト陣の新たなステージに上がる怪演をみれるのもこのドラマの楽しみかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

どの役柄も個性の強いものとなっています。

脚本家の鈴木おさむさんもキャストの皆さんに対しての挑戦状のつもりで設定しているという事ですので、今後の展開とキャストの皆さんの演技などに注目してみると、より楽しく「奪い愛、冬」というドラマを視聴できるのではないでしょうか?

では、奪い愛、冬を最終話までお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です