ドラマ下剋上受験のロケ地!団地やマンションについて

TBS系列の金曜ドラマ、下剋上受験のロケが行われた情報が続々と報告されています。ロケで使われる場所は東京から鎌倉、辻堂あたりにまたがりかなり広範囲で様々です。主にツイッターでロケの現場付近に居合わせた方々からの目撃証言が得られています。

ドラマの中で気になるシーンの舞台となった場所を追いかけてみました。

スポンサードリンク

桜井家が住む団地について

桜井一家を演じるのは阿部サダヲさん、深田恭子さん、山田美紅羽ちゃん。この三人の暮らす団地は作中重要な舞台の一つです。

さて、ロケに使われた団地は現在特定出来ません。阿部さんと美紅羽ちゃんが住んでる団地を背景に一緒に走るシーンはあるのですが画面から実際の場所を特定することも困難な様です。

実在する団地が使われたとしたら、その団地の住民に対する配慮として非公開にされている可能性があります。いわゆる、聖地巡礼トラブルとして居住空間への侵入が問題視されているので、ロケにおいてこういった配慮が徹底される風潮は今後も続くことでしょう。

桜井一家の住む団地とその周辺の街並みを映したシーンがありますが、こちらは東京都墨田区の東大島の街並みを映したものです。この辺りの街並みは似たような外観の団地が多く、特定がしにくいという理由から選ばれたと思われます。

スマイベスト不動産

画像引用元:http://www.hinasaku.link/2720.html

スマイベスト不動産は阿部さん扮する信一の勤め先です。

住所、建物名ともに判明していて東京都墨田区亀沢2丁目、サガミヤ第2ビルというビルです。外観を見てみたところ普通のマンションビルの様にも見えます。

オフィスビルなのかマンションビルなのかも調べましたが情報は得られません。ただ、どちらにしても稼働していたとしたら団地と同様、公開するメリットよりもデメリットの方が大きい気がするのでもしかしたら何らかの理由で空き物件になっているのかも知れませんね。

エントランスのガラス張りの面積が大きい作りになってて、様々なお客さんが出入りする不動産屋さんのイメージには合ってるという印象を受けました。

居酒屋「ちゅうぼう」

画像引用元:https://twitter.com/rurisnkz_1023

信一行きつけの居酒屋です。信一と同じく中卒の仲間であるこの店の主を演じるのは湘南乃風の若旦那さん。がっちり筋肉質なイメージでしたが役作りのためかかなり痩せて、しかもイケメンだと評判になっています。

ロケで実際使われたお店は京成立石駅からすぐの呑んべ横丁。「波」というお店です。

調べてみたところ、呑んべ横丁はもつ焼きの名店が立ち並ぶ、昭和のレトロ感漂う飲食街らしいです。

ドラマの中ではねじり鉢巻きの若旦那さんが内輪で火を煽りながら焼き鳥を焼くシーンも新鮮なみどころですが、どうやら実際の「波」では焼いたエイヒレやレンコンのキンピラといった優しい女将さんの作る家庭的なおつまみが人気のお店らしいです。カラオケもあるので、「がっちり飲み食いを堪能する。」というよりも「歌いがてら軽いおつまみでお酒を楽しむ。」といったお店でしょう。

ロケで使われたのを機に、ますますお客さんが増えるかも知れませんね。

大江戸小学校

山田美紅羽ちゃんの演じる佳織の通う小学校です。担任の先生役には映画「魔女の宅急便」で初出演、初主演で話題となった小芝風花さんです。先生は佳織の受験を反対するのですがその理由はまだドラマの中では明かされていません。

学校の教室をつかったシーンの撮影には東京都立川市にある「たちかわ創造舎」が使われました。廃校になった旧多摩川小学校を、文化芸術のための活動拠点としてリニューアルした施設です。

映画、音楽イベント、絵画ギャラリー、サイクルステーション事業に加え撮影利用も提案しています。まだオープンして2年ちょっとですが、ドラマや映画の中で学校の教室のシーンは使われる機会が多いのでどんどん利用される機会は増えてくるものと思われます。

スポンサードリンク

江東区立中央病院

画像引用元:http://www.chuou-p.co.jp/spot/shisetsu_c13102/shisecate_c0501/detail_c1129262/

小林薫さんの演じるのは信一の父親である桜井一夫です。その一夫が入院しているのは江東区立中央病院であるという設定です。テレビを壊そうとしたりナースにセクハラしたり病室に酒を持ち込んだりと破天荒な役柄を演じてます。深夜食堂での寡黙で渋い役柄とは対照的ですね。

この病院は東京都日野市にある日野市立病院です。ロケの目撃情報はありませんが、ロビーにある湾曲した黄色いソファがかなり特徴的なので、実際行ったことある方や通院している方の多くは実際にテレビで見て気づいたようです。過去に「BOSS2」「VOICE~命なき者の声」などでも舞台として使われたことがあるそうです。

羽柴進学塾

画像引用元:http://www.hinasaku.link/2720.html

佳織が入塾テストを受けた塾。秀英予備校辻堂駅前校が使われたようです。

予備校というと大学入試のイメージが強いのですが秀英予備校は中学受験に力を入れている様です。全国に230校あるのですが、分布は有名私立中学のある都市部に集中しています。また、対象の多くが小学生ということで治安の良さを特に考慮した立地条件を中心に展開しています。

トクガワ開発

要潤さんが演じる徳川直康は大手ゼネコンのトクガワ開発の2代目社長。東大卒のエリートです。

娘の真里亜は佳織と同じクラスに転校してきて中学受験を巡ってライバルとなります。ちなみに入院中である一夫はトクガワ開発を嫌っていて、テレビのニュースでトクガワ開発と直康が映るや否や杖でテレビを叩き壊そうとしてしまうほどです。

昔堅気の大工である一夫と、仕事の上での因縁もあるのかもしれません。この後も様々な場面で桜井家と関わってくると思われます。

東京都品川区南大井6丁目にある、いすゞ自動車本社がトクガワ開発の外観としてしようされました。

「いすゞ~のトラック~♪」のCMで有名なあのいすゞ自動車です。近代的なデザインで格好いいビルですね。「大手ゼネコン」企業の会社のイメージに合うのが頷けます。

隣の敷地にはいすゞ自動車の企業率病院であるいすゞ病院もあります。こちらは「いすゞ病院」とかなり大きく分かりやすく建物に表記されているのが特徴的です。

スポンサードリンク

他にもこんな名シーンにまつわるロケ地が!

画像引用元:http://www.homemate-research-supermarket.com/dtl/00000000000000143028/

メインとなる舞台の他にも印象的なシーンで登場するロケ地をまとめました。

サンロード中の橋…東京都江東区大島7丁目。信一と佳織が手を繋いで二人で走っているシーンで登場します。親子の絆を表現する重要なシーンです。

ビデオハリウッドムービーズ高島平店…東京都板橋区高島平8丁目。佳織が立ち寄るレンタルショップです。作中で、店長が誤認逮捕されてニュースにもなりました。

T-MART…千葉県市原市牛久。深田恭子さん演じる香夏子が買い物にきていたスーパーとして登場します。信一の夢の中でも出てきます。営業終了後にロケが行われた様子。

八重洲ブックセンター…東京都中央区八重洲2丁目。信一と佳織が参考書を買いにくる書店として登場します。手あたり次第に沢山の参考書を購入してしまいます。ジュンク堂書店、紀伊国屋書店と並ぶ大型のブックセンターですので、参考書や専門書といった類の本は実際にとても充実しています。

まとめ

とても多くの場所がロケ地として使われてました。原作のイメージに沿うような東京の下町をはじめ、鎌倉の大学や、牛久のスーパーなど、広い範囲でロケが行われ、目撃されています。

商店や有料施設など、人が沢山来ることが歓迎させる場所もあれば、そうでない場所もあります。団地や学校などです。団地も勿論ですが佳織の通う大江戸小学校も外観に関する情報は今のところありません。団地の住人に対してと同様、やはり学校に通う子供に対すしての配慮がなされたのでしょう。

とはいえ、自分の知ってる風景やお店がドラマに登場するのはやはり興味深いものですので、今後もロケが行われた場所が実際どういうシーンで登場するのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です