突然ですが明日結婚しますのネタバレ・あらすじ2話

西内まりやさん主演ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の第1話が放送!

2017年1月23日からスタートした、西内まりやさん主演の恋愛ドラマ「突然ですが、明日結婚します」。初回は15分拡大版で、キュンキュンするシーンも盛りだくさんでしたね。現在、視聴者離れが激しい月9ドラマ枠で、どれだけ視聴率を取れるかも気になるところです。

バンドflunpoolの山村隆太さんが役者デビューを果たす意外なキャスティングで注目されたこの作品のネタバレや第2話のあらすじをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

このドラマには原作があるの?

このドラマの原作となるのは、小学館「プチコミック」にも2014年5月から連載されている宮園いづみの同名少女コミック「突然ですが、明日結婚します」。現在はコミックも第6巻まで発刊されていますが、まだ完結はしていませんので、ドラマのラストがネタバレになることはなさそうですね。オリジナルのエンディングの可能性もあるかもしれません。

コミック第1巻は、発売3日で緊急重版がかかり、宮園いづみさん史上最高部数を誇る人気コミック。小学館の本誌でもぶっちぎりの人気だそうです。

ポップでアップテンポなラブストーリー

今回のドラマのテーマはまさしく「結婚」。

結婚すれば幸せ、結婚して専業主婦をするのが当たり前と思われていた時代とは違い、コスパが悪すぎるから結婚しない、面倒だからしたくないなんて理由で独り身を選ぶ人が増えるなど「結婚」への価値観が多様化する現代。

そんな中で、昔ながらの「専業主婦になりたい女」と「絶対に結婚したくない男」が惹かれ合ってしまうという複雑でちょっとコミカルなラブストーリーです。

では最初に、第1話のドラマのあらすじをご紹介します!

最悪の出会いから始まるストーリー

西内まりやさんが演じる主人公の高梨あすかは、だれよりも仕事ができ大手銀行に勤めるバリバリのキャリアウーマン。でも、そんな彼女の子供のころからの夢は、「好きな人と恋愛結婚をして、専業主婦になる事」。
27歳の誕生日に、5年間付き合っている彼と初めてデートした水族館へ来たあすかは、プロポーズをされるのではないかと胸をときめかせます。しかし、そこで切り出されたのは、プロポーズではなく別れ話でした。

心の傷も言えぬまま、あすかは友人の結婚式に出席。どうしても結婚したいあすかは、張り切ってブーケトスに参加、みごとジャンピングキャッチをしますが、勢い余ってサイドプールに落ちてしまいます。

このハプニングを新郎の友人として結婚式で司会をしていた人気アナウンサーの名波竜が、笑いに変えて会場を盛り上げます。着替えを待つあすかに、「大丈夫?」と名波は声をかけますがあすかは「幸せになりたい人の気持ちを笑うなんて最低だ」と言い放ちます。

あすかは、ランニング婚活に参加するなど、結婚に向けての努力をしますが、なかなか実りません。職場の後輩にも先を越されてしまい落ち込むあすかを励ますため、友人の梨央や小野たちが飲み会を企画。泥酔したあすかは、小野の自宅に泊まる事になります。

翌朝、目を覚ましたあすかは、寝ている小野を起こそうとしますが、起きてきたのは小野ではなく名波で、さらには寝ぼけた彼にキスまでされてしまいます。

なんと名波は、小野の大学の同期で、いまは家に居候しているとのこと。名波は前日のあすかの愚痴を聞いていたようで「がっついているから逃げられるんだよ。どうせ仕事も腰かけでしょ?さっさと結婚すれば?」と言い放ち、あすかも怒って家を飛び出します。

ある日、友人から小野の自宅でプロバスケットボールの試合の観戦をしようと誘われます。断ろうと思った明日香でしたが、名波がその日撮影で家にいないということを知り参加することにします。

ところが、あすかが尾野の家に行くと、撮影が急になくなったという名波と出会う羽目になります。居心地の悪いあすかは、ハーフタイム休憩の時ひとりベランダへ、小野からあすかの事情を聞いた名波が後を追い、2人きりになります。

名波は、「誕生日にフラれたという嫌な記憶にするより、新しい恋が始まるって思えばいい」とあすかを励まし、あすかもそのやさしさに心が動きます。

名波ってちょっといい奴かも…

数日後、小野宅でのパーティーに参加したあすかは、ビールの買い出しに行く途中に、帰ってきた名波と出会い2人で買い出しに行きます。その帰り道、あすかは自分の母親のように結婚して専業主婦になって温かい家庭を作るのが夢だと語ります。

しかし、その言葉を聞いた名波は「結婚なんて幻想だ」「永遠の愛なんて信じてるの?」「人は裏切るものだし、紙切れ一枚でお互いを監視するようなもの」と全否定し「俺は、結婚はしない。絶対に」と宣言します。

夢を傷つけられたあすかは、名波に平手打ちをし、パーティーから早引きします。その帰り道、元カレから部屋にある荷物を持って帰るようメールが入り、荷物を取りに元カレの部屋に訪れます。

荷物を持ち帰るあすかに、突然の大目が降りそそぎます。とぼとぼと帰ると、家の近くに名波が言い過ぎたことを謝るため傘を持って待っていました。名波は「さっきはいいすぎた」と謝り、傘をあすかに渡し、明日香のコートのポケットに小さな箱を入れます。

帰宅したあすかが取り出すと、そこには2人でビールの買い出しに行ったときに、あすかが「かわいい」と言っていたキャンディーが入っているのでした。あすかは、名波が価値観の合わない人だとわかりながらも、時々優しくしてくれることに戸惑うのでした。

スポンサードリンク

翌日、小野から名波の帰国サプライズパーティーが開かれるという連絡があり、参加をするあすか。しかしそこには、名波の活躍をよく思わないアナウンサーの小島も参加しており、「上に気にいられてよかったな」と名波に嫌みを言います。

相手にしない名波に腹を立てた小島が、逆切れし名波がニューヨークに行っていた理由が不倫だったこと、相手の名前を知っていることを大声で告白します。

小島が相手の名前を言い出そうとした瞬間、あすかが水をぶっかけて止め、その場を去り、名波もその後を追います。

追いついた名波は、自分のことなのに自分以上に怒ってくれたことをうれしく思い、「好きになってもいい?」と迫ります。あすかは心が揺れ動きながらも「私と結婚する気はありますか?」と尋ねます。

返事は、「無理」の一言。あすかは、名波を突き飛ばし、帰っていくのでした。

第2話のあらすじ・ネタバレ

では、2017年1月30日に放送予定の第2話のあらすじを見てみましょう。

「結婚は無理」といわれて名波を突き飛ばして帰宅した翌日、名波がMCを務める情報番組をみていたあすかは、先輩アナウンサーから結婚願望を聞かれた時「出会いがあれば、ぜひ」とのコメントする名波にあきれます。

そんな中、あすかが外回りをしているときに、以前食事に誘われたこともある、いずみ証券のエース営業マン・神谷暁人と出会います。神谷は向上心のあるあすかのことを気に入っていて、今回も、一緒に人気のスイーツを買いに行こうと誘います。

神谷と別れて駅へ向かうあすかの目の前に現れた名波は、神谷との関係を尋ねます。あすかは「仕事で世話になっている人」と説明しますが・・・。

第2話のみどころ

第2話の注目どころは、山崎育三郎さん演じるスーパー営業マンの神谷ですね。あすかを好きになり始めている名波の嫉妬具合もきになりますよね。結婚できる男と、惹かれるけれど絶対に結婚しなさそうな男の間で、あすかの気持ちがどう揺れ動くのか注目です!

スポンサードリンク

まとめ

結婚についてのポップでアップテンポなドラマになっています。

結婚について考えさせられるようなドラマでもあります。月9にはふさわしいドラマではないでしょうか?

これからどうなっていくのか非常に楽しみです!見逃さないようにしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です