ドラマ下剋上受験は実話!本人は現在何をしている?

2017年1月よりTBS系ドラマ「下剋上受験」は、放送されてからすでに多くの反響を呼んでいるようです。そんな阿部サダヲと深田恭子、山田美紅江が桜井ファミリーとして家族が力を合わせて娘を有名私立中学校に入らせるために受験勉強するというお受験をドラマです。今回は実話が原作で、ドラマになった「下剋上受験」現在の桜井佳織本人が何をしているのか?調査します。

スポンサードリンク

下剋上受験は実話だった

偏差値40の女の子が70まで家族の協力や受験勉強で学力を伸ばして進学校を目指すストーリーは実話だったようです。受験生を持つ親も興味を持ち、ブログから小説になって人気作品になり、ドラマ化されたようです。

ノンフィクション小説

原作者の桜井信一のブログに書いた小説が書籍化され、同名の「下剋上受験」というノンフィクション小説がドラマ化されたそうです。
このお受験ドラマはノンフィクション(実話)ということです。

下剋上受験のモデルになった桜井佳織は、中学受験に成功していたのか!

そんな気になる実話の本人桜井佳織について調べました。ここから先はネタバレを含んでいるのでご注意してください。

実際の桜井佳織は有名私立に合格していた?

ドラマでは私立中学の何処を受験するのか?偏差値が72の桜葉学園に合格するためにドラマの桜井佳織は受験勉強しています。

実話では有名私立に不合格

本来の目標である有名私立進学校の桜蔭中学校の合格を目指して頑張っていたそうです。結果は不合格になってしまったそうです。

500日間という長期にわたり、親子で協力して必死に勉強をしたそうですが、残念ながら不合格という結果になったそうです。第1志望の桜蔭中学は不合格になりましたが、第2志望の名門の進学校の豊島岡女子学園中学校に合格した噂があるそうです。

実話では最大の目標である桜蔭中学に合格できなかったそうですが、由緒ある豊島学園岡女子中学校に合格をした桜井親子努力は無駄ではなかったようです。名門私立を受験して失敗してしまった桜井佳織にくいはなく、楽しかったそうです。

塾に通わせるお金は出せなかった父親も、私立の中学に通わせるお金はあったようです。ドラマのストーリーはどうなるのか!楽しみですね。

中学を卒業後何処の高校に桜井佳織は入ったのか!

一貫教育制度

偏差値が70もある豊島岡女子学園という現在女子高生になっている桜井佳織の高校は、中学と高校の一貫教育のようです。

志望校だった私立桜蔭中学校とは

実話が元になったこのドラマの原作者の桜井信一と娘の佳織が目指した私立桜蔭中学校は、関東・首都圏の中でも京王や開成などがありますが、女子の受験する進学校で一番偏差値の高い私立中学校として有名のようです。原作者の娘が目指していた桜蔭中学は東京都文京区にあるそうです。

2016年の桜蔭中学校の偏差値は75以上とされていて、ドラマよりも高い進学校を目指していたようです。実話では、父と娘で力を合わせて偏差値を40~70まで上げたようですが、まだまだこの偏差値の高い名門の進学校には及ばなかったようです。

この名門進学校を目指している人は、幼少期の頃からお受験のための勉強対策をしていて桜井家のような小学校高学年から受験勉強をする家庭は、かなり稀みたいです。

有名進学校と言われる「女子学院」「桜蔭中学校」「ふたば中学校」は女子中学御三家とも呼ばれているそうで、凄く難易度の高い私立の中学校を受験していたのかがわかりますね。

スポンサードリンク

受験で合格した豊島岡女子学園とは?

偏差値74以上で毎年東京大学合格者の数を多く輩出している進学校のようです。原作者の桜井信一が学校について公表されていないようです。ネット上では豊島岡女子学園が一貫校だという事でも有力のようです。

豊島岡女子学園の場所は東京都豊島区東池袋にあるようです。

原作者の桜井信一が娘の学校を詳しく書かなかったのは、マスコミや世間にさらし者にされない為書かなかったようなので、見守りたいですね。

実話のモデル桜井佳織の現在は?

桜井佳織は現在、16歳の高校1年生です。医者になるのが夢で、東京大学の医学部の受験を視野にいれ勉強を頑張っているそうです。

東京大学の医学部を目指しているだけあって今度は超難関だと思いますが、偏差値の高い中学に合格できたのだから合格は不可能ではないので頑張ってもらいたいですね。

原作者の桜井信一について

ドラマ下剋上受験では阿部サダヲ扮する信一が中学受験を目指す熱血な父をコミカルに演じているが、実際の桜井信一は中卒には見えない大卒インテリ風の感じがするそうです。ドラマでは桜井信一が中卒の設定になっていますが、実際では高校に進学しているそうです。高校は受験さえすれば誰でも受かると言われている地元の工業高校に通っていたそうです。

桜井信一の過去

高校に通っていたが、学校の雰囲気も悪く、4ヶ月で辞めたそうです。

10代の頃は、滋賀県のトラクター工場で働き、20代の頃にドラマが実話にもなった住宅の販売会社に勤め、営業活動をしていたそうです。お受験で娘の勉強を教える時にもイライラやストレスもあって心療内科にも通っていたそうです。

家庭環境は、ドラマと同じで、奥さんと中学受験のことで喧嘩することもあったようです。

桜井信一の現在は

本業や副業を現在している桜井信一の本業については情報がないようです。副業では、中学受験の経験を元にした本を出版し、各場所で公演会を開いているようです。高校1年になった娘の学費を稼ぐために頑張っているそうです。

スポンサードリンク

ドラマ下剋上受験は実話で本人は現在私立に通う高校1年生

ドラマ下剋上受験の原作が実話で、志望校の私立桜蔭中学校は偏差値に届かず、受験は失敗したが、500日間受験を頑張った父や娘の努力は無駄にならず、東京大学合格率も高い豊島岡女子学園に合格して、現在も夢の東京大学医学部に入るために受験に取り組んでいます。

そんな娘をもつ原作者である父も本業だけでなく、副業の受験の経験を語った本の出版や公演会で頑張っています。

実話では、現在16歳の高校1年生になった娘の佳織は夢の医者になるために、父親と頑張っているそうです。東大に合格すれば、受験生や、親も励みになると思うので頑張ってほしいです。

まとめ

受験の大変さ、それを支える大変さが最もわかる内容ですね。

これから受験される皆さんもそうですが、それを支える両親。先を見て一生懸命頑張っていただきたいと思います。

試験は一人で頑張るしかありませんが、試験を受けるまでは一人ではない!周りの支え・応援など様々な事があります。困った時は周りに助けてもらいながら頑張りましょう!

それでは、ドラマ下剋上受験をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です