ドラマ東京タラレバ娘 ロケ地の横浜みなとみらいについて

ドラマ東京タラレバ娘でのロケ地でもある、みなとみらいについて詳しく説明していきます。

この場所は、大人も子供も楽しめる場所であり、自然もあるので、ゆっくりできる場所です。

では、詳しく見て行きましょう!

スポンサードリンク

みなとみらいの何処がロケ地に?

画像引用元:http://photohito.com/photo/171507

第一話でロケ地として使用されたのは、鎌田倫子(吉高由里子)が脚本の打ち合わせに訪れた会社、「ジャパンエンタープライズ」。早坂(鈴木亮平)さんが居て、鎌田倫子も以前勤めていた会社でもあります。こちらはレギュラーに登場するのかな?これからの展開次第ですね。

この建物の場所は「みなとみらいグランドセントラルタワー」になります。
詳しいアクセスは以下の通りです。

神奈川県横浜市西区みなとみらい4-6-2
みなとみらい駅1番出口から徒歩約3分

みなとみらいグランドセントラルタワーとは

画像引用元:http://bb-building.net/tokyo/deta-y/010.html

グランモール公園沿いにある26階建ての高層オフィスビルです。1~2階はショップやレストランが入っているので中に入ることが出来ます。公開空地があって、緑や水景の施設、アートなど一般の歩行者が自由に出入りして見ることが出来ます。

近くのグランモール公園

画像引用元:http://town.mec-h.com/mh-minatomirai/26

グランモール公園は12,444平方メートルの広い公園です。公園沿いには美術館や「マークイズみなとみらい」、「クイーンズスクエア横浜」、「ランドマークプラザ」などの商業施設が並び、みなとみらい地区の憩いの場所となっています。

園内には『美術の広場』、『ヨーヨー広場』などがあります。『美術の広場』は横浜美術館の側に位置し、「海」をテーマにした広場となっています。けやきの並木道があり、冬にはみなとみらいエリア最大級のイルミネーションが施され、眺めを楽しみながらお散歩できます。

『ヨーヨー広場』にある円形広場はランドマークとクイーンズスクエアの間にあり、多彩なヨコハマ大道芸の実演を見ることができます。円形ステージの周りに階段状の観客席があり、劇場のような作りになっています。買い物の箸休めにいいかもしれないですね。

スポンサードリンク

ロケ地としてはポピュラーなみなとみらい

画像引用元:http://ameblo.jp/miwblog04/entry-10183029028.html

横浜みなとみらいがドラマのロケ地として使用されるのは珍しいことではありません。

最近のドラマでは恋ダンスで人気を博した『逃げるは恥だが役に立つ』でも、桜木町駅の歩道橋(風見涼太(大谷亮平)と森山みくり(新垣結衣)がすれ違った場所)、グランモール公園(風見涼太が津崎平匡(星野 源)に森山みくりをシェアすることを話した公園)など、様々な場所が使われていたようです。

もう少し前になると嵐の大野智さんのドラマ、『世界一難しい恋』でも、鮫島零治(大野智)が経営するホテルのロケ地となっていたのがランドマークタワーです。

もっと古くなると、同じく嵐の二宮和也さんのドラマ、『フリーター、家を買う』でも、武誠治(二宮和也)と千葉真奈美(香里奈)のキスシーンの場所だったのが海沿いの公園、赤レンガパークです。

他のドラマでも『結婚しない』・『喰いタン』(横浜港大さん橋国際客船ターミナル)、『砂の器』(横浜みなとみらいホール)、『僕の生きる道』(日本大通り)、『あぶない刑事』(横浜赤レンガ倉庫・日本大通り)など、映画では『踊る大捜査線 THE MOVIE』(クイーンズスクエア横浜)等など、みなとみらいは沢山のドラマや映画の舞台となっています。色んなロケ地巡りが出来そうですね。

みなとみらいには様々なショップ、レストラン、公園、遊園地等など、お散歩しながら楽しむ場所が沢山あります。みなとみらいを散策しながらロケ地巡りをするのも楽しそうですね。

みなとみらいを散歩するなら汽車道を歩こう

画像引用元:http://yakei-kukan.com/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%AA%E3%82%B7/%E6%B1%BD%E8%BB%8A%E9%81%93%E3%80%9Ckishamichi-promenade%E3%80%9C/

桜木町駅から新港地区を結ぶ、汽車道という廃線した鉄道跡を利用した約500mのプロムナードがあります。

海を眺め、途中行きたい場所に立ち寄りながら散歩することができますよ。最後は大さん橋でボーっと海を眺めるのでもいいですね。大さん橋は、国内最大級の国際客船ターミナルです。

全体が波をイメージしたデザインになっていて、木目のデッキがやさしい、なんとも落ち着ける空間です。赤レンガ倉庫やみなとみらいの建物が一望できます。中に入って食事や買い物も楽しめますよ。

みなとみらいでお買い物

「クイーンズスクエア横浜」、「ランドマークプラザ」、「マークイズみなとみらい」、「横浜赤レンガ倉庫」等など、買い物をする場所は沢山あります。中でも「横浜赤レンガ倉庫」はレトロな外観に相まって、中に入るとお洒落なショップが沢山入っています。目で楽しみ、疲れたらカフェで一息つくのもいいですね。

人気のカフェは和カフェ「chano-ma(チャノマ)」。「21世紀のお茶の間」をイメージして作られ、なんとベッド席があるそうです。カップルはもちろん、意外と赤ちゃん連れにも有り難い場所になっているようです。

よこはまコスモワールドで大人も子供も楽しめる

画像引用元:http://cosmoworld.jp/attraction/

「よこはまコスモワールド」は小規模な遊園地といったところ。入場無料で約30種類のアトラクションが揃っています。大人も子供も買い物モードから一転、気分転換できます。夜はライトアップされ、一気に大人ムードの遊園地になります。

スポンサードリンク

子供に大人気!大自然を全身で感じるオービィ横浜

画像引用元:http://park.tachikawaonline.jp/themepark/40_orbi.htm

2013年に新しくみなとみらいにあらわれた「オービィ横浜」。

BBC earthとSEGAが共同して作り上げた、エンターテインメントミュージアムです。「マークイズみなとみらい」の5階にあります。

野生のマウンテンゴリラを間近に感じて迫力満点の4Dシアター他、様々なエキシビションが用意され、動物たちの生態も学びながら様々な体験ができます。本物の動物にふれ合えるゾーンもあります。ここで半日過ごす事になるかもしれません。

イルミネーションがキレイ

「よこはまコスモワールド」の大観覧車の眺めが有名ですが、他にも冬になると期間限定のイルミネーションもあちこちで行われています。ほとんどクリスマスで終了しますが、今現在でも「クイーンズスクエア横浜」のクイーンズパークで大観覧を前に可愛らしいイルカのイルミネーションが見られます(2017年2月24日まで)。

前述のグランモール公園のけやきの並木道も人気のイルミネーションスポットです。地下スピーカーによる音の演出も楽しめます。(2017年1月29日まで)。

夜景がガッツリ見たいなら「横浜ランドマークタワー」で横浜の夜景を一望してみてもいいですね。

「ドラマ東京タラレバ娘」のロケ地の横浜みなとみらい、他にも沢山の観光スポットがあります。ロケ地巡りに行くなら、他に行きたい場所も調べていくと楽しめそうですね。

まとめ

これから先も様々なロケ地が出てくると思います。

このような良い所もあるのかと、知識の一つとして知っておくのも良いと思います。行って楽しむのが一番だと思います。

これからもロケ地について追いかけて皆さんに情報提供していきます。

では、東京タラレバ娘をお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です