ドラマ嘘の戦争のネタバレ・あらすじ4話について

草彅剛主演のドラマ嘘の戦争について。

嘘の戦争第4話のあらすじ・ネタバレを記載しております。このドラマは視聴率も結構高めの視聴率となっていまして、視聴者の皆さんから多く支持を得ています。

これから先の展開なども追って解説していきますので、ご覧ください!

スポンサードリンク

嘘の戦争第4話の基本情報

  • タイトル:「嘘の戦争」
  • 放送日:2017年1月31日
  • 放送時間:21:00〜21:54
  • 放送局:フジテレビ系列
  • プロデューサー:三宅喜重(演出兼任)
  • 脚本:後藤法子
  • 演出:三宅喜重、宝来忠昭
  • 音楽:林ゆうき、橘 麻美
  • 制作:関西テレビ
  • 主題歌:西内まりや「Motion」3/15発売

2015年のドラマスタッフが再集結

このドラマは、2015年1月に放送された「銭の戦争」(草彅主演)に続く復讐シリーズの第2弾です。監督の三宅喜重、脚本の後藤法子をはじめ、その当時のスタッフが再集結して、完全オリジナルのストーリーになっています。

草彅演じる主演の一ノ瀬浩一は、幼い頃に家族を殺され、犯人を見たと言っても嘘つき呼ばわりされ、事件も無理心中として片付けられてしまい、いつしか天才詐欺師になって、復讐していく物語です。

視聴率が好調

1月10日に放送された第1回の全国平均視聴率は14.6%、翌週17日放送の第2話が14.9%、そして24日放送の第3話が13.7%と推移しています。

第3話は若干の落ち込みはあったものの、このクールに3話連続で視聴率が10%台を超えるドラマは、NHKの大河ドラマを除いては、このドラマだけです。

このドラマのざっくりとした概要

草彅演じる主人公の一ノ瀬浩一は、幼い頃に家族を殺され、その犯人を見たと言っても嘘つき呼ばわりされてしまい、結局その事件は無理心中として片付けられてしまいます。その後、タイに渡って名前を変えるなどして天才詐欺師となった浩一が、次々と当時の事件関係者を復讐していくというのが、このドラマなのです。

撮影開始はタイ・バンコク

このドラマの撮影は、昨年11月19日にタイの首都バンコクの繁華街「ソイカウボーイ」で始まりました。ソイカーボーイは、バンコクで最も活気ある地域で、地下鉄やBTS(高架鉄道)の駅が近いこともあって、そこのゴーゴーバーなどに多くの若者が集まっています。

ゴーゴーバーとは、タンクトップや短パンなどの露出度の高い服を着た女性、または半裸or全裸の女性がステージの上で踊っているバーのことです。特にこのバンコクはゴーゴーバーが多い都市として有名です。店の内装は、クラブ型でバーやディスコのような形態のところがほとんどです。

女の子の踊っている台を中心にして、カウンターやテーブル席が配置されていて、ただドリンクを飲みながら女の子を眺めるだけでもいいし、気に入った女の子に声をかけて一緒に席で飲むこともできます。そんな賑やかな場所で撮影開始になったこのドラマですが、なんと撮影初日は1時間以上続くスコールに3回も遭遇したりなどのハプニングもありながら、3日間のロケは無事に終了したそうです。

そのロケ中に草彅は、「タイに馴染んじゃってずっと居ようかと思った。日を追うごとに自分はタイに来るべくして来たんだなと実感してるので、もう帰らない。そのくらいしっくり着て、撮影も順調」とコメントしていた。そのタイでのロケシーンは、嘘の戦争が醸し出す“大人の雰囲気”にマッチしていたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

番組公式twitterにオモシロ情報が満載

このドラマの公式twitterには、バンコクロケの裏話を始め、出演者の衣装や誰々が何を差し入れてくれたなど、ファンならずとも注目する記事がいくつも出ています。

そんな中から、いくつかご紹介してみましょう!

このtwitterアカウントに、昨年12月25日に、5つのクリスマスケーキの画像がUPされました。草彅さんからの差し入れだというこのクリスマスケーキですが、“なぜ5つなんだ?”と一部のファンの間で話題になったそうです。

そのケーキに立てられていたキャンドルの配色が、SMAPカラーと完全一致していたのです。(青=中居正広、赤=木村拓哉、ピンク=稲垣吾郎、黄=草彅剛、緑=香取慎吾)

これに特に反応したのはSMAPファンで、

  • 差し入れのケーキが5つだからSMAPメンバー5人からのプレゼント?
  • 年齢順にメンバーカラーが並んでる
  • やっぱりつよぽん諦めてない。つよぽんの愛がわかる

などのコメントが殺到しました。これが偶然か意図的なものか、真相は明らかではないものの、奇跡の隠しメッセージはファンには嬉しいものだったようです。

そして、このドラマ内で水原希子さんと山本美月さんの衣装にも注目が集まっていて、公式twitterでもしっかり取り上げられています!

ドラマ内で草彅さんの相棒で女詐欺師 十倉ハルカを演じている水原希子さんの衣装は、詐欺師役なだけに実に様々なバリエーションが楽しめます。ちなみに、第1話で水原さんが着ていたのは、「白いボウタイのブラウス+膝丈のフレアスカート」です。これはバンコクで撮影されたシーンに出て着ます。ちなみに、このフレアスカートは、「Lily Brown(リリーブラウン)」の洋服です。ドラマの衣装として引っ張りだこのブランドですね。

同じく第1話で山本美月さんがパーティーシーンで着ていたワンピースは、「Dorry Doll(ドリードール)」のものです。結婚式などの華やかな場所で重宝するドレスです。

第4話のあらすじ・ネタバレ

浩一(草彅)を30年前に刺した五十嵐(甲本雅裕)と、嘘の証言をした弁護士の六反田(飯田基祐)と、嘘の証言を幼い陽一(後の浩一)に強要した刑事の三輪(六平直政)と連続して復讐することに成功した浩一。

隆(藤木直人)は、これらの一連の関係者失脚の裏に、30年前の事件の生き残りである千葉陽一が関与していると感じ本格的な調査をスタートさせた。しかし、千葉の正体はオーストラリアに住んでいるらしい、ということしか掴めず、隆は苛立っていた。

そんな中、家族が殺される前に、当時大学生だった男2人がOLを死亡させた事件を調べていた浩一は、興三(市村正親)に事件のもみ消しを依頼したのが国会議員の四条綾子(ジュディ・オング)であることに気づいた。

そして、綾子の溺愛する息子 司(森岡豊)が、事業の失敗続きで借金まみれであることを知った浩一は、ハルカ(水原希子)を占い師に扮させて綾子に近づいた。

その一方で、浩一は晃(安田顕)の目の前で結婚前提の交際を申し込んだ楓(山本美月)に対し、興三に会えないかと提案する。晃は、自分を過小評価し、厳しい言葉しか言わない隆に反感を覚えていた。そんな晃を浩一は上手になだめながら、ニシナコーポレーションの将来を経営コンサルタントらしく心配し、事業戦略を保存していたUSBメモリを晃に渡した。その後の展開は?

スポンサードリンク

まとめ

視聴率も上がってきていまして、人気度が増す一方の「嘘の戦争」SMAP解散もあったからなのか?と思いましたが、そうでもなかったようですね!

展開の持って行き方などが良い、他になかった感じのドラマになっている。このような事で、人気になっているのではないでしょうか?

今後も嘘の戦争が楽しみですね!見逃さずしっかりと確認しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です