嫌われる勇気のキャスト!1話・2話・3話の登場人物

フジテレビで2017年1月12日からドラマ「嫌われる勇気」がスタートしました。

香里奈さんが演じるのは、他人から嫌われてるのを恐れずに自分の生き方を邁進する庵堂蘭子という敏腕女刑事です。彼女を嫌う者、支持する者、様々な人間関係を通して掘り下げられていく「アドラー心理学」の意味。心理学の新たな切り口から描かれる刑事ミステリーとして目が離せません。そんなドラマ「嫌われる勇気」の登場人物を調べてみました。

スポンサードリンク

ドラマ嫌われる勇気のキャスト

それではシリーズを通して出演するであろう、メインキャストの方々を紹介していきます。

  • 庵堂蘭子(香里奈)…自己中心的だと疎んじられても意に介さない一匹狼気質の女刑事。上司との衝突もしばしば。アドラー心理学をそのまま体現していた生き方をしている。階級は警部補。数々の難事件を解決した実績を持つ。男社会組織の中で嫌われるタイプ。32歳独身で恋人はいない。「(その推理を)明確に否定します。」がキメ台詞。携帯電話は持たない主義。

 

  • 青山年雄(加藤シゲアキ)…庵堂とバディを組む新米刑事。小さい頃から憧れていた刑事に念願叶ってなることが出来た。社交的で人当たりが良い。庵堂と対照的に他人からの評価を常に気にして、誰からも嫌われたくないと思っている。大文字の助言を受け、蘭子かアドラー心理学の特徴を学ぶ。怖いものが苦手。

 

  • 大文字哲人(椎名桔平)…帝都大学文学部心理学科教授。犯罪心理学のスペシャリストとして警視庁の特別コンサルタントとして事件捜査に協力している。口調は落ち着いた物腰かつ皮肉で毒舌。大学時代の庵堂の恩師にあたり、庵堂に手を焼く青山にアドラー心理学を学ぶことを勧める。

 

  • 半田陽介(升毅)…警視庁捜査一課8係係長。庵堂の上司。庵堂の単独行動に悩んでいる。物分かりのよい性格。

 

  • 浦部義孝(丸山智己)、小宮山正明(戸次重幸)…捜査一課8係の刑事。バディを組む。浦部は庵堂ともともとバディを組んで散々振り回された。庵堂、青山をまとめて毛嫌いしている。小宮山は出世欲が強く、内心浦部には闘争心を燃やしている。

 

  • 三宅隆俊(桜田通)…捜査一課8係の刑事。インターネットオタク。情報収集能力がずば抜けていて、上司の半田からの信頼も厚い。

 

  • 相馬めい子(相楽樹)…帝都大学医学部法医学講座の助教授。監察医。監察結果の見解を述べた際、庵堂に否定され、ライバル意識を抱く。庵堂の弱みを握るべく、庵堂の大学時代の恩師である大文字に近づく。

 

  • 梶準之助(正名僕蔵)…鑑識課主任鑑識官。「さすが庵堂蘭子」が口癖。警視庁内で数少ない庵堂の支持者。武闘派浦部のパンチをかわす、高い身体能力をもつ。

 

  • 村上由稀菜(岡崎紗絵)…鑑識課鑑識係。勘と嗅覚が並外れて鋭い。庵堂を尊敬している。上司である梶をイジルのが日課。

 

  • 間雁道子(飯豊まりえ)…帝都大学文学部心理学科所属。大文字の助手。

 

  • 土方登志郎(寿大聡)…帝都大学文学部心理学科准教授。性格は天然。

ドラマ嫌われる勇気、第1話の登場人物

第1話では雑誌「美Venus」のモデルが殺害されます。ファッションモデルということで南野陽子さん、石田ひかりさんと綺麗どころが続々登場します。初回ということでビジュアル的な華々しさを意識しているのかもしれません。

  • 天野真紀(南野陽子)…ファッション雑誌「美Venus」モデル。コンブ茶会スクール主催者。
  • 植村彩子(石田ひかり)…セレブ主婦。コンブ茶会スクール参加者。
  • 坪内翔平(坂田聡)…天野真紀のストーカー。逮捕される。
  • 鈴村美里(青山倫子)…コンブ茶会スクールに参加するも、茶会自体に抵抗を感じている主婦。
  • 赤塚留美(藤本恭子)、丹波優香(中井理恵)…「美Venus」のモデル。共に殺害される。
  • 少女(本間菜穂)…ケーキ屋でショートケーキをねだっている女の子。ちなみに、母にねだる少女をよそに庵堂は躊躇なく最後の1個のショートケーキを購入する。それを目の当たりにした青山は「信じられない!」と憤慨する。

ドラマ嫌われる勇気、第2話の登場人物

第2話には「金田一少年の事件簿(堂本剛さん主演)」の明智警視役で一躍有名になった池内万作さん、「セクシーボイスアンドロボ」でヒロインを務めた大後寿々花さんと実績のあるゲストが登場します。

  • 稲葉聡(池内万作)…ロぺル文具広報部執行役員。
  • 大村絵実華(大後寿々花)…ロぺル文具商品開発部所属
  • 竹内順平(笠原秀幸)…ロぺル文具広報部所属。
  • 前島成美(中村瑠璃亜)…ロぺル文具元社員。1年前に手首を切り自殺している。
  • 市川尚道(神農直隆)…ロぺル文具商品開発部執行部員。会社の窓から転落し死亡。
  • 光川美希(藤本泉)…ロぺル文具社員。「前島が自殺した部屋には呪いがかけられている」と噂されていることを述べる。
スポンサードリンク

ドラマ嫌われる勇気、第3話の登場人物

さて、第3話も綺麗な女優さんが多数ゲスト出演していて華やかな絵になりそうですね。

「僕の生きる道」で綾瀬はるかさんや市原隼人さんとも共演している上野なつひさん、「GTO」「地獄先生ぬ~べ~」などのレギュラー出演していた高月彩良さん、モデル出身で映画「運命じゃない人」ヒロインの霧島れいかさん、とやはり豪華なキャスティングですね。

高月彩良さんはドラマ「時をかける少女」で教師役を務めていた加藤シゲアキさんに恋する生徒の役を演じています。

  • 吉野沙織(上野なつひ)…殺害された慶徳女子校の数学教師。慶徳女子校受験に失敗し、その後猛勉強して、当校の教師となった。
  • 仁科恵(高月彩良)…遺体の第一発見者。友達を作らない一匹狼。沙織を慕っていた。
  • 仁科美子(霧島れいか)…恵の母。恵が沙織を慕うのを快く思っていなかった。

庵堂蘭子役、香里奈さんの他の出演作品

雑誌「Ray」専属モデルとして2000年にデビューを果たした香里奈さんは翌2001年に女優としての活動も開始しました。女優としての香里奈さんの代表作を調べてみます。

  • カバチタレ!…香里奈さんのドラマデビュー作品。主演は常盤貴子さんと深津絵里さん。他も山下智久さん、陣内孝則さん、篠原涼子さん等と豪華なキャスティングです。
    僕の歩く道…草薙剛さん主演の「僕}シリーズ3部作。草薙さんが自閉症の難しい役どころに挑戦して話題になりました。香里奈さんは動物園の獣医でヒロイン役。

 

  • みゅうの足(あんよ)パパにあげる…2008年の24時間テレビ内でドラマ化された作品。難病を患う松本潤(嵐)さんの妻の役として出演。

 

  • ダーティママ…子連れ刑事役を演じる永作博美さんとバディを組む新米刑事役として出演する。刑事ものとしては初出演。

 

  • だいすき!!…香里奈さんの初主演作品ドラマ。軽度の知的障害をもつ純粋でひたむきな母親という、難しい役どころを見事に演じています。

 

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所…大人気国民的コミックをドラマ化した作品。秋本麗子役として出演。中川圭一役の速水もこみちさんとの美男美女共演で話題となりました。

抜群のスタイルと美貌もさることながら演技でも独特の個性を光らせている香里奈さん。今後も女優として様々な役に挑んでほしいですね。

大文字哲人役、椎名桔平さんの他の出演作品

ドラマの中で、非常に大事な役割を果たしている大文字哲人役の椎名桔平さん。俳優としてのキャリアも長く、多くの作品に出演されています。

  • 映画…ヌードの夜、さくらん、GONIN、不夜城、冷静と情熱の間、魍魎の匣、アウトレイジ、謎解きはディナーのあとで、暗殺教室、恋愛戯曲、他
  • ドラマ…Age35、ドク、お熱いのがお好き?、整形美人、銭ゲバ、謎解きはディナーのあとで、望郷「海の星」、他

舞台出身の俳優さんで、しかも出演作が多いだけに、本当に様々な役を演じています。ヤクザ映画が多いですが、最近は「謎解きはディナーのあとで」「恋愛戯曲」等でコミカルな役も演じる機会が多くなっています。

役作りに対するストイックな姿勢に定評がある椎名さんですので今後もますます俳優としての幅を広げていくことが期待されます。

青山年雄役、加藤シゲアキさんの意外な一面

ドラマの中では庵堂役の香里奈さんに翻弄される外面はいいけどちょっと情けない男を演じている加藤シゲアキさん。ジャニーズ事務所所属でNEWSのメンバーでもあります。

現在ドラマ、映画、バラエティ等に出演する他、小説家として執筆業も手掛ける多才ぶり。加藤さんは、なんと青山学院法学部を卒業しているインテリでもあるのです。

1年に1冊ペースで本を執筆していて芥川賞受賞の候補にも挙がるほど。そんな加藤シゲアキさんの作家としての作品は以下の通りです。

  • ピンクとグレー
  • 閃光スクランブル
  • Burn
  • 傘をもたない蟻たちは

「ピンクとグレー」は映画化されたようです。今後他の3つも実写化される可能性は高いです。

スポンサードリンク

今後に注目!相馬めい子役の相楽樹さんについて

庵堂にライバル心を燃やす相馬めい子。解剖室で男性陣を誘惑するセクシーな監察医という、大人っぽい役どころ。

そんな相馬めい子を演じるのは若干21歳の相楽樹さん。連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主演の高畑充希さんの妹役で出演しています。そういえば高畑さんも「とと姉ちゃん」以前に「ごちそうさん。」で杏さんの妹役を演じてましたね。そんなジンクスを考えると相楽さんも今後ヒロインに抜擢される可能性も大です。

まとめ

主演の香里奈さんをはじめ、注目すべき点の多いキャスティングですね。ただの刑事ものではなく心理学的な解説な要素が見所です。

特に人間関係、「誰が誰をどう思っているか?」が大きく関わるドラマですので今後も魅力的な、あるいは極端に憎たらしいキャラクターが登場することが期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です