ドラマ嫌われる勇気の感想や評価について

香里奈さん主演、2017年1月12日(木)22時~のドラマ「嫌われる勇気」が始まりました。

自己啓発本としてベストセラーを記録している原作を刑事ものとしてアレンジして実写した話題作です。刑事ものとしての要素の他に、原作の主旨であるアドラー心理学の解説を盛り込んでストーリーは進められます。

ここではあらすじの他、各回で心理学者の大文字哲人(椎名桔平さん)が解説するアドラー心理学をピックアップして詳しく紹介し感想や評価を述べていこうと思います。

1話のあらすじ・ネタバレ

主人公の庵堂蘭子(香里奈さん)が所属する捜査一課8係に、新人刑事の青山年雄(加藤シゲアキさん)が配属され、バディを組むことになる。一緒にモデル殺人事件を担当することになる。

庵堂は携帯電話を持たない主義。青山は彼女を探しに出かける。ようやく青山が彼女を探し当てた時、青山の携帯に連絡が。第二のモデル殺人が起きたらしい。二人は現場へ急行する。

捜査が進められる中、殺害された二人は人気上昇中のモデルであることと、その一方、同じ雑誌でページ数が減らされている天野真紀というモデルがいることが判明する。この、天野真紀を容疑者として浮上させる。

この天野真紀が主宰するコンブ茶会の参加者やストーカーなど、新たな容疑者が浮上する中、庵堂は真相に向かい突き進んでいく。

スポンサードリンク

1話で解説されるアドラー心理学「課題の分離」

大文字は助言を求める青山に「あなたに必要なのは嫌われる勇気です。人間は主観の中で生きていて、他者との関わりが無ければ悩みは存在しない。」と言ってます。

これはアドラー心理学で言うところの「課題の分離」に相当する内容の様です。他者の解決するべき課題と、自分の解決するべき課題は本来異なって然るべきもの、という考え方です。

多くの人間は「課題の分離」をすることで他者から切り離された人間になることを恐れます。青山は特に他者から嫌われたくない想いが強いため、それが多くのしがらみとなっています。そんな彼に、嫌われるのを恐れず奔放に生きる庵堂を見習うべく大文字は「課題の分離」を勧めたのかも知れません。

1話の感想

第1話は、香里奈さん演じる庵堂の強烈な個性がやはりみどころかなと感じました。

対照的なキャラの青山をバディとして組ませることでアドラー女子としての庵堂の個性はさらに際立ちますね。

原作を活かす意味で大文字のこれからの活躍も見逃せません。

「嫌われる勇気」というタイトルの通り、視聴者を勇気づける内容となっていくことを期待します。

1話の評価と視聴率

刑事ものとしては斬新なコンセプトの本作だけにかなり評価は分かれた様子でした。「嫌われる勇気」というタイトルやキャスティングで興味を抱いた視聴者には概ね好評である一方で、原作、もしくはアドラー心理学に馴染みのある視聴者には不評の様です。

ストーリーの主軸になるのはあくまで刑事事件なので、そこに不自然無く解説を加えるというのはやはり容易ではないのかも知れません。

視聴率は8.1%。

2話のあらすじ・ネタバレ

文具メーカーの執行部員である市川尚道が会社のビルから落下して死亡。撲殺され突き落とされたことが判明。市川が落下した部屋は同会社社員であった前島成美が自殺した「呪われた部屋」として噂されていた。

稲葉が最初の容疑者になる。稲葉はもともと市川の上司であったが立場は逆転され、しばしば二人は口論していたようだ。任意同行をかけるが逮捕に至る証拠がない。

犯人は、成美と交際していた竹内と判明。市川の出世作「絶対消えないペン」は成美が開発したもので、その手柄を市川に奪われ自殺した。その復讐のために竹内は市川を同じ部屋で殺したのだと供述する。

スポンサードリンク

2話で解説される「目的論」とは?

庵堂に「刑事に向いていない。」と言われた青山は「言っていいことと悪いことがある!」と激怒する。これを大文字は「感情とは出し入れ自由で、目的を達するためのもの。」とアドラー心理学の「目的論」を解説します。「『怒った』から大声を出した。」のでは無く「大声を出して相手を屈服させるという目的のために『怒り』という感情を使った。」ということです。

「恥ずかしくて人前で話せない。」→「人前で話さないという目的のために『恥ずかしさ』という感情を使う。」
「楽しくて笑う。」→「笑いたいから『楽しい』という感情を使う。」といったことでしょうか。

どういう自分でありたいか?という目的を明確にすることで怒りや悲しみ、恐れ、といった負の感情をある程度コントロール出来るという意味と取れます。

2話の感想

第1話と比較するとかなり積極的にアドラー心理学をストーリーに絡めてきてる印象を受けました。

厭世的で毒舌な大文字節もかなり切れ味鋭いですね。

難しい内容なのは否めないのですが演じている椎名桔平さんの役柄そのものが面白くて見入ってしまいます。

2話の評価と視聴率

第1話と評価はさほど変化ありませんでしたが、キャラ設定が落ち着いてきた分安心して見られるという声もあります。

視聴率は6.4%。

3話のあらすじ・ネタバレ

名門女子高の数学教師、吉野沙織が自宅マンションで殺害される。第一発見者は生徒である仁科恵。恵は沙織を信頼し慕っていたがある日、SNS上の沙織の裏アカウントを発見し、自分に対しての沙織の悪感情に気づいてしまう。

実際に犯行を行ったのは恵の母親である。沙織が自分に向かって娘、恵の悪口を言ったのが動機であった。これを恵がかばうための偽装工作を行っていた、というのが事件の真相。

スポンサードリンク

3話のテーマ「優越性の欲求」について

「競争の中にいる人は心が休まらない。でも、他者はそれほど自分のことを気にしてない。アドラーも優越性の欲求は認めているが、他人との競争でなく、自ら一歩を踏み出していくことが重要であるとしてます。」と大文字は言います。これは庵堂にライバル心を燃やす

監査医相馬めい子について述べたものですが、これが実際の今回の事件と関わってきます。

沙織は勤務している名門女子高の受験に失敗しています。そのコンプレックスを払拭すべく、同校の受験に合格した同僚の三島の婚約者を奪い優位に立とうとしました。

また、学年一の秀才である恵をなりたい自分に見立てて可愛がり、またその反動で恵の罵詈雑言をSNSの裏アカウント上や恵の母親の前で言ってしまうのです。

これは、沙織が「名門女子高に受かった人間との競争」を常に続けているが故のことだと言えます。

3話の感想

第1話、第2話と較べると相当分かりやすい話であると言えます。「他人と自分を比べても仕方がない。自分のペースで頑張りましょう。」という意味ですので。今までで一番事件と心理学の繋がりも自然だったように思います。

分かりやすすぎて陳腐にもなりかねない内容ですので反例として吉野沙織の歪み方はかなり極端でしたね。SNSという今時のツールも出てきてリアリティもありました。

3話の評価と視聴率

難しさが目立った第1回から比べるとかなり分かりやすい内容になってきました。

視聴率は前回より0.2上がって6.6%。

まとめ

試みとしては面白いと思いながらも、実際はかなり難しい設定の様に思えたドラマ「嫌われる勇気」ですが第3話ではかなり伝わりやすいものになってました。

もともと第1話、第2話のテーマとなった「課題の分離」「目的論」はアドラー心理学の柱となる部分なので難解なのはある程度仕方ないかも知れません。

今後はこの2つのテーマを具体的に掘り下げる、といった主旨のものになりそうです。分かりやすさも期待できそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です