ドラマ東京タラレバ娘のロケ地のレストランの詳細

美女3人が出演しているドラマ東京タラレバ娘。

その東京タラレバ娘のロケ地でもあるレストランなどについて今回は記載しておりますので、気になる方はどうぞご覧ください。

スポンサードリンク

東京タラレバ娘のキャスト紹介

主人公の鎌田倫子(30歳)扮する吉高由里子は、脚本家であるがなかなか仕事がもらえなくて生きていくのでやっとという生活をしている。

山川香(30歳)扮する榮倉奈々は、ネイリストをしている。

鳥居小雪(30歳)扮する大島優子は、居酒屋の娘で、そこで働いている。

この3人、30歳で結婚したいと思うけども彼氏もいない、これから一生独身なのかと不安に思いながら、生活している。これが見ている自分に投影されている感じのドラマである。もし、あの時イエスと言ったら、結婚できたのにとか、あの頃に身体を預けていれば、人生がバラ色だったのにという形で、話をすすめる。もし、何々したら、もし何々すればということで、時々3人で集まって話をして盛り上がる30歳の女性3人のドラマである。男性諸君も女性に囲まれているのは、楽しいはずです。しかし、結婚となると難しいようです。さて、ここではドラマ「東京タラレバ娘」に出てきたロケ地でのレストランについての紹介です。

東京タラレバ娘のロケ地

路地裏ワイン酒場 BUENO

画像引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13031532/

主人公を含む3人の女性は、毎晩のように居酒屋で女子会を行っている。

この居酒屋が鳥居小雪のお父さんが営んでいる「呑んべえ」である。最初は、こんな居酒屋で3人で女子会なんてと思っていたが、ここの空間が非常に落ち着くことに気づいた。そして、ここのロケ地が「路地裏ワイン酒場 BUENO」です。

場所は、東京都新宿区神楽坂5丁目4-3にあります。これが居酒屋の外観になります。素敵にロマンチックにデートというより、庶民的な居酒屋が落ち着くみたいです。

しかし、実際のロケ地は、スペインスタイルの様式でお洒落な場所なのです。またテレビで見る映像は、焼き鳥や煮込みが壁に染み着いて、臭いがしてきそうです。そして、モデルKEY(25歳)扮する坂口健太郎が、突然この居酒屋に現れるのです。

そこで、女子会をしていた3人が突然、タラレバ娘と言われたり、女の子ではないと言われるのです。突然の提案に、女性3人はどん底まで落とされるのです。

酒処ひょうたん

画像引用元:http://blog.harajuku-doors.net/archives/3095

居酒屋で女子会のシリーズも2回目です。今回は、「呑んべえ」の入り口になります。住所は、埼玉県戸田市美女木2丁目30になります。

そして、店の名前は「酒処ひょうたん」です。概観は神楽坂で、入り口は埼玉とあって、力の入れ方が違うことは分かるはずです。

花につまづいた鎌田倫子が、KEYに助けを求めますが、花に大丈夫かと声にします。さらに、「大人なら自分で立ち上がれ」と女の子扱いされない女子3人は気がおかしくなってしまいます。そんなシーンで、ここ酒処ひょうたんは、使用されています。幸せを掴むために、這い上がってみろという感じだったのです。

しかし、KEYが有名なモデルであることにやがて気づきます。この3人の女性とイケメンのKEYとの関係は、恋へと発展するのかも、それはドラマの中での楽しみです。

スポンサードリンク

オーベルジュ・ド・リル トーキョー

画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/mizukawa-tomo/e/ab636d0c88049a360007dd8ecbe96b90

告白を待ち望んで幸せを掴みたい女性3人ですが、なかなか上手くいかないものです。

この告白受ければよかったという題名からも言えるように、女性は愛されてなんぼの世界です。愛されてこそ女性なのです。しかし、なかなか上手く恋愛とは成就しないものです。

そこで、みんなが幸せになりたいと願うものです。主人公の鎌田倫子は、ドラマをつくる会社のジャパンテレビエンタープライズのプロデューサーを務める早坂哲郎(35歳)扮する鈴木亮平さんと、8年前にレストランで食事をします。

そこで、付き合いたいと告げられたのですが、倫子は断わってしまいます。

このロケ地が、オーベルジュ・ド・リル トーキョーです。住所は、東京都港区西麻布1-6-4になります。その当時は、早坂は非常にダサかったのです。そして、メニューの注文もおぼつかなく、格好がつかなったのです。そこで、倫子は告白を受け入れなかったのです。そんな、8年前のシーンとして、このロケ地が利用されています。

オーベルジュ・ド・リル トーキョー

画像引用元:http://restaurant.ikyu.com/100611/plan/

食事をしたのですが、8年前と較べたら大人びていて、会話も互いに合うことに気がつきます。

そして、今度こそ鎌田倫子は早坂が告白してくれるだろうと、絶対の自信を持ち、心待ちしていたのですが、後輩の若手の女性社員に興味を持ったことを直接告げられ、倫子は玉砕してしまいます。とても、おしゃれな雰囲気で、一度は訪問してみたい理想の場所です。その場所は、オーベルジュ・ド・リル トーキョーです。住所は、東京都港区北青山2-13-5 サンクレストビルB1Fです。

本当に、人生で勘違いをしたことは、少なからずあるはずです。鎌田倫子も、このシーンで男性と一緒に食事をして、幸せな時間だったはずです。

しかし、恋愛のパートナーではないのです。良き相談相手として高く評価されたのです。このドラマでは、横浜でのビル街もロケ地として利用され広く利用されております。

CASA DEL BUENO

画像引用元:http://ds.shotenkenchiku.com/product_info.php/products_id/12765?osCsid=mp3d07vvvvrpps4hbmu4ef4a41

回想シーンでのロケ地の場所で、CASA DEL BUENOです。住所は、東京都渋谷区 宇田川町13-16 コクサイビルA館B1です。回想シーンということで、何度かドラマでも出てくるシーンです。

ちなみに、おでんが倫子に話しかけてくるシーンもあります。これも、東京タラレバ娘ならではの、楽しいシーンですから注目して欲しいです。ここでは、自分の気持ちを整理することが出来て、ドラマを通して自分も心の整理整頓が出来たはずです。また、相手も受付ける気持ちも重要です。

ロイヤルガーデンカフェ青山

画像引用元:https://r.gnavi.co.jp/rta51g7z0000/photo/

ロケ地は、ロイヤルガーデンカフェ青山です。そこの住所は、東京都港区北青山2丁目1-19です。

男性と一緒に飲み会をしていない現実に気づき、落ち込んでいる鎌田倫子を支え、盛り上げていく2人という番組構成が最高な場面です。また、それ以外にもありますので、紹介いたします。とびっ子ちはら台店です。住所は、千葉県市原市ちはら台南1丁目2-8です。

ちなみに、ここは回転寿司のチェーン店です。このように、楽しいシーン満載のドラマ「東京タラレバ娘」のレストランのロケ地も参考にしてくれると嬉しいです。

スポンサードリンク

まとめ

今回の「ドラマ東京タラレバ娘のロケ地のレストランの詳細」ですが、近場の東京での撮影だけではなく、こだわりをいれて同じ場所でも埼玉そして東京と撮影場所を変えています。

また、レストランで使われている場所は、twitterなどで情報は拡散され見物している様子が想像されます。そして、店を実際に利用している様子が紹介されております。3人のアラサーがどのような展開になるか楽しみです。

皆さんもドラマを見るだけではなく、ホームページを検索することにより、ロケ地を巡ることもファンにとっては重要な要素かもしれません。そして、一層ドラマを注目することになるはずです。皆さんの恋も上手くいくように幸せな人生を送って欲しいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です