ドラマ嘘の戦争 草彅剛の衣装はどこのブランド?

「嘘の戦争」に主演の元SMAP草彅剛主演の復讐ドラマは早くも第4話が放送され視聴率も好調です。今回は天才詐欺師の一ノ瀬浩一役を演じている草彅剛の衣装やブランドについて調査します。

スポンサードリンク

草彅剛主演の嘘の戦争とは

子供の頃、(旧姓)千葉陽一が家族を殺されるが、警察に一家心中と言わされてしまいます。嘘つきよばわりされた陽一は、偽名の一ノ瀬浩一として詐欺師になり、タイで見つけた殺人犯の腕のあざを発見して、再び復讐するため日本に帰国します。

30年前の一家殺人事件の関わった人物への復讐が始まります。草彅剛が天才詐欺師の一ノ瀬浩一役を演じます。

嘘の戦争で着用した草彅剛の衣装

詐欺師の一ノ瀬浩一(草彅剛)は表の職業は、経営コンサルタントを演じています。1話で登場の衣装はどこのブランドだったのでしょうか?気になります。

カーキーのジャケット

草彅剛が着用していたジャケットのブランドは、「Barbour」(バブアー)と判明しています。袖の部分がコーデュロイになっているデザインのようです。ジャケットウォッシュド ビデイルオイルドジャケットコートの価格は54000円です。

襟まわりにボアが着いていて暖かそうなコートのようです。

バブアーとは

1894年ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズでバブアーは創業します。不順な天候で働く水夫や漁師、港湾労働者のためにオイルドクロスを提供したのが始まりだそうです。オイルドクロス製の防水ジャケットは、イギリス軍の防水服としても採用されたようです。

70年代には英国上流階級(ハンティング・乗馬・フィッシング)のアクティビティと密接にリンクし、イギリス王室御用達の証「ロイヤル・ワラント」を3つも保持しているライフスタイルやアウトドアを体現するブランド会社です。

Pコート

草彅剛が着ていたPコートはボタンと襟が大きいのがポイントのようです。
ブランド名は「BUZZRICKSON’S」(バズリクソンズ)です。

BUZZRICKSON’S PEA COAT(バズリクソンズピーコート)は、星が13個彫られている細かいデザインのこだわりも特徴のようです。

バズリクソンズとは

BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ)の始まりは、FLYING JACKAT(フライングジャケット)と言う飛行士の命を守るために莫大な資金と、数々の実験から誕生した究極のユニフォームが開発されたようです。1993年にFLYING JACKATの歴史を追求する最強のブランドBUZZ RICKSON’Sが誕生したそうです。

第1話で着用した草彅剛の衣装(シャツ)のブランド名

ウエスタンシャツ

タイでのシーンで草彅剛が着ていたシャツは、ハートやダイヤ柄が小さく入って特徴のあるデザインのシャツのようです。
ブランド名は世界で知られる「Levis」(リーバイス)です。

80SリーバイスLevisチェック×トランプ柄ウエスタンシャツは、ハートやダイヤ等のトランプ柄が入っていて、80年代の古着が似合う草彅剛にぴったりなシャツだと思いますね。

リーバイスとは

1853年にリーヴァイ・ストラウスがアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコで港湾労働者向けの作業用パンツを製造したのが始まりのようです。
1870年、ジェイコブデイヴィスがリーバイス社のパンツを補強して現在のジーンズの原型が完成したそうです。2000年には木村拓哉が日本人キャラクターとしてリーバイスのCMに出演したそうです。創立150年以上のアメリカ製ヴィンテージ製品の古着を扱う会社です。

嘘の戦争で草彅剛が着用したジャケットのブランド

スポンサードリンク

ジャケット

経営コンサルタントの活動時に草彅剛が着用していたジャケットです。

ブランド名は「FACTOTUM」(ファクトタム)です。ウインド-ペン2ボタンジャケットで、価格が62,640円します。

ファクトタムとは

2004年、東京モード学園出身者の有働幸司がファクトタム(FACTOTUM)を設立します。
ファクトタムのブランドの由来はラテン語で「勝手に生きろ」という意味のようです。

ブランドコンセプトは「デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること
のようです。日本のブランドであるファクトタムのデザイナー有働は世界の文化を学び、テーマやインスピレーションを探求するためにテーマとなる国を訪れ、人や風景、空気からインスパイアされた服作りをしたそうです。
ファクトタムは、「服にテーマを設けず、長く着られて、着まわしやすい服を作ると言う」
ブランド会社のようです。

第2話以降の草彅剛の衣装のブランド

入院シーンが多かったので、草彅剛の衣装についての詳細は判明していないそうです。
2話のラストシーンで草彅剛と山本美月の2人がコートを着ていましたが、残念ながら草彅剛が着用していた衣装のコートについてはどこのブランドか判明していないそうです。

草彅剛の衣装のブランドは前回のドラマでも使われていたのか?

今回の冬ドラマ「嘘の戦争」以外でも草彅剛の衣装は同じブランドが使われていたようです。草彅剛の戦争シリーズ「銭の戦争」で使われていたPコートのブランドを探ります。

草彅剛の前回のドラマ「銭の戦争」でもブランド「バズリクソンズ」が使われていたそうです。このドラマの放送開始後、このブランドのコートは完売だったそうです。

バズリクソンズPEA COATネイビー

今回のドラマ「嘘の戦争」でも草彅剛が着用しています。
大きいボタンやアメリカの国章である13個の星が彫刻されているPコートは1910年代の復刻されたものです。1930年に生産性やコストや軽量化もあって13スターボタンは廃止になったそうです。

スポンサードリンク

まとめ

嘘の戦争で草彅剛が着用した衣装のブランドについて調査してきましたがいかがだったでしょうか?天才詐欺師の浩一役を演じる草彅剛の衣装は、詐欺師の役だけあって、毎回コートやスーツが主に登場するようです。

古着のヴィンテージ商品のブランドであるリーバイスでもTシャツが使われているようです。コートも前作のドラマ「銭の戦争」の衣装と同じブランド「バズリクソンズ」が使われています。2話~4話まで放送された嘘の戦争の草彅剛の衣装のブランド名についてはまだ判明していないそうです。

おしゃれが似合う草彅剛の衣装はこれからも続々と登場しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です