ドラマ嘘の戦争のネタバレ・あらすじ5話について

加速していく復讐に目が離せない「嘘の戦争」

ドラマスタートからいろんな手を使って復讐を成し遂げた草彅剛さん演じる一ノ瀬浩一が、第3話でターゲットにしたのは30年前自分にうその供述をさせようとした六平直政さん演じる刑事・三輪郁夫でした。

自分の過去に悔いる刑事とのシーンは緊迫感があり、また一ノ瀬をますます怪しむ藤木直人さん演じる二科隆とのスリリングな関係にも目が離せませんね。

第4話のターゲットになるのは、ジュディ・オングさん演じる、政治家の四条綾子です。一ノ瀬は一体彼女にどういった復讐方法で破滅へと向かわせるのでしょうか。

スポンサードリンク

嘘の戦争のネタバレ・あらすじ

第4話のあらすじ

一ノ瀬浩一が以前復讐を果たし、破滅させた五十嵐のもとに現れた二科隆は、五十嵐に一ノ瀬の写真を見せ「この男を知っているか」と尋ねます。すると五十嵐は突然暴れだし、「千葉陽一」の名前を何度も口にし、おびえます。

30年前の関係者ばかりが狙われていることに疑問を持った二科隆は、「千葉陽一を本格的に調べ始め、苦労の末ついに三瓶守の養護施設にかかわりがあることを突き止めます。

一家惨殺が起こる発端となった事件が紐解かれていく

一方で、30年前の事件の発端となった2人の大学生がOLを死なせてしまい二科がもみ消した事件について調べていた一ノ瀬は大学生の親の名前が「四条」と「九島」だと知ります。さらに20年前に亡くなった楓の母親の葬儀の写真から、興三の付き合いのあったベテラン代議士の四条綾子がその事件と関係していることを突き止めると、四条綾子を次のターゲットとして狙いを定めるのでした。

一ノ瀬は四条綾子の溺愛する息子・司が、いくつもの事業で失敗し多額の借金を背負っていること、そして重大な物事を決めるときには必ず長年付き合ってきた占い師を信じる人だとわかると、十倉ハルカをすでに亡くなっている占い師の弟子として四条に近づかせます。

ハルカは調べ上げた情報から司のことを次々と言い当て、綾子の信頼を勝ち取ります。息子のことや選挙が苦戦しそうなことを相談されたハルカは議員会館の部屋の窓に花を飾るよう指示をします。

四条が言うとおりにすると、息子に突然タイ在住の日本人から出資者が現れ、さらに選挙区でライバルだった女子アナの不倫スキャンダルが起こりすべてのことが綾子にとって有利に進みます。綾子はハルカのことをすっかり信じ切るのでした。

そのころ、隆は三瓶が経営している児童養護施設に行き、「千葉陽一」という人物を聞きまわりますが、成果が得られません。三瓶自身にも個人情報は教えられないといわれ、追い返されてしまいます。

三瓶は、一ノ瀬に隆がここに来たことを教え、一ノ瀬は、また来るかもしれないけれど、同じように千葉陽一を知らないと言ってほしいと頼みます。

楓を利用した作戦もすべて順調

一方で、一ノ瀬が、楓を利用して会長に近づこうとしている計画も順調に進んでいました。風邪を引いたふりをして楓の部屋に上がり込んだ一ノ瀬は、楓との距離も近づいた今、ちゃんと挨拶をしておきたいから楓の父親に会いたいと申し出ます。

さらに、楓の兄である晃は自分を認めてくれない弟・隆に対して憤りを感じているようで、一ノ瀬は晃と隆の間を取り持つように経営コンサルタントとしてニシナコーポレーションの事業戦略が入ったUSBを渡して、見終わったら隆にも渡すよう伝えるのでした。

四条に信頼されたハルカは、息子の司にも近づき、母親が世の中に出すことのできない相当な額の不正なお金を貯めこんでいることを聞き出します。一ノ瀬はそのお金をすべて奪おうとたくらみます。

ある日、四条の家に国税局に扮した百田ユウジが税務調査にやってきます。前日にハルカからお金に気を付けるよう予言をしてもらっていたため、四条は堂々としらを切ることができたのですが、ハルカは災いは終わっておらず、危険な状態に変わりはないと教えます。

四条綾子が行く先々で、百田を見ることが増えると、綾子はハルカに国税局院に付きまとわれていることを相談し、その原因が帳簿についていないお金があるからだと告白します。

ハルカは、そのお金を東南の方角にある安全な場所に隠せばいいと助言し、四条綾子は人里離れた別荘の金庫に隠しておいた大金をまとめて移動させますが、そこには管理人のふりをした浩一が待ち構えているのでした。

スポンサードリンク

華麗なる復讐の始まり

四条がお金を別荘へ持ち込んだ翌日、一ノ瀬は息子に出資の話を白紙に戻すと伝えます。多額の借金でもあり、ほかの出資者からお金を返すよう迫られた息子は母親に泣きつき、今度だけど別荘までお金を取りに行きます。

別荘に到着し、金庫を開けると中身がすべてなくなっており、代わりに金庫に入っていた5億という大金を寄付したという1枚の領収書が置いてありました。その時、綾子に一ノ瀬から電話がかかってきます。一ノ瀬は30年前に息子がOLを殺し、その事件隠ぺいのために何の関係もない家族を殺したと伝えます。

綾子は30年前の隠蔽は自分がやらせたわけではないと弁解し、息子も主犯は九島だからと罪を逃れようとします。しかし、結局は知っていながら何もしなかったのは一緒に殺したのと同じことだと責め立て、一ノ瀬は5億じゃ足りないと、息子を出資法違反に、四条は議員辞職に追い込み復讐を果たします。

30年前の事件の詳細記録が残っていたことを知った二科会長

そのころ、二科興三に呼び出された隆は、30年前に事件の詳細を語っていた時に録音をされていた事実を興三から聞きます。

興三は録音とそれにかかわった人をすべて抹消すると息巻きますが、隆は30年前の過ちを繰り返さないため暴力を使わずに解決したいと訴えます。興三は、それならと録音の所在を確かめるため1週間だけの猶予を隆に与えます。

自宅に帰った隆は、晃が持ってきた経営分析のUSBを思い出し、パソコンに接続します。しかしそれには、経営方針だけでなくマルウェアも仕込まれており、パソコンの情報が一ノ瀬たちにわかってしまうのでした。

復讐を終えた一ノ瀬は、四条司から手に入れた情報で、主犯格の九島を見つけだし、そしてその先にいる二科会長への復讐に胸をたぎらせるのでした。

第5話のネタバレ・あらすじ

テープの存在を知った隆は、父親が悪に手を染めさせないためテープのありかを探します。そして一ノ瀬浩一と千葉陽一に関係があるかもしれないと疑う隆は、本人に直接「千葉をしっているか」と問いただします。

一方、一ノ瀬は、30年前のOL殺しの主犯格・九島が現在大手の銀行に勤めていることを調べ上げます。

今は亡き九島の父親が30年前興三に多額の融資をしていたことを知った一ノ瀬は、一家殺害の報酬なのではないかと疑いをかけます。そして、九島の弱みを握っている愛人に近づき、復讐の火ぶたを切るのでした。

第5話のみどころ

ついに二科会長への復讐まであと1歩のところまでたどり着いた一ノ瀬浩一。また執念深く千葉陽一を追い続ける隆と一ノ瀬の攻防、そして楓を説得して一ノ瀬は二科会長に会うことができるのか、と本当に目が離せませんね。

スポンサードリンク

まとめ

今現在が1番のみどころと言っても過言ではないですね!

これからどうなっていくのか…そして最終回までにどんな展開が待ち受けているのか!?

ではドラマ嘘の戦争をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です