木村拓哉ドラマのa Life ネタバレ・あらすじ2話について

SMAPが解散して初めてのドラマとなった木村拓哉さん。

視聴者からも注目されているドラマとなっています。さまざまな豪華俳優さん・女優さんが出演していまして、みどころ満載の「A LIFE~愛しき人~」。

そのドラマ A LIFE~愛しき人~の2話について、あらすじ・ネタバレを記載しております。

1話を見逃した!という方につきましては1番最後の方に1話を見る方法を記載しておりますので、ご覧ください。

スポンサードリンク

本格医療ドラマ「A LIFE~愛しき人~」

1月15日の日曜日に25分拡大スペシャルとして放送された木村拓哉さん主演の「A LIFE~愛しき人~」。木村拓哉さんをはじめ浅野忠信さん、松山ケンイチさん、竹内結子さんと豪華なキャスト陣で重厚な演技を見せてくれていました。

愛しき人の命を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリーで、友情、愛情、欲望、プライドなど様々な感情がうずまく病院で、不器用でも患者に真摯に命に向きあう主人公の生き様が印象的でしたね。

続きが気になる!原作ってあるの?

このドラマは、完全オリジナルストーリーとなっています。なので、原作がない分ネタバレもありません。ただ、続きを先に知ることもできないんですよね。毎週日曜日を楽しみに待つしかありませんね。

脚本は橋部敦子さん

命と向き合うストーリーを手掛けるのは、橋部敦子さん。「ピュア」「僕の生きる道」「僕と彼女の生きる道」「僕の歩く道」など数々の人気ドラマ作品を手掛けている人気作家さんですね。

人間としての生き方を考えさせられるようなヒューマンドラマに定評があり、今回の作品も「命とは、人生とは何か」という問題をどう描いていくのか期待したいですね。

ちなみに医療関係であれば、2016年のドラマ「フラジャイル」も手掛けています。

復習の第1話のあらすじをご紹介

舞台は東京にある「檀上記念病院」。その院長・檀上虎之助が心臓疾患のため、突然倒れてしまいます。高齢なこともあり、難しい手術であること、もって半年の命だということを知ると、娘で病院の小児外科医をしている檀上深冬と、その夫で副院長の檀上壮大に、10年前この病院からアメリカにわたり、高い技術を身に着けた外科医の沖田一光に診てほしいと言い出します。

沖田一光は、恩師でもある檀上虎之助の手術をするために帰国。前例が少ない手術だという病院医師やスタッフたちの反対もありましたが、院長本人が手術を受けることを快諾したので、帰国後すぐ執刀することになりました。

手術を無事に終えた沖田を、檀上壮大が食事に誘います。2人は幼馴染でもありましたが、沖田は「実家に帰る」と断ります。そして10年前アメリカに渡るとき、置いてきぼりにしてしまった恋人の檀上深冬と結婚したことを祝福し、副院長になり病院を大きくしたことを褒め、立ち去ります。

翌日、手術をした虎之助の容態が急変し、意識不明に陥ってしまいます。無謀な手術をさせたことを後悔した深冬は、再手術の方法を探している沖田を攻め、「オペはさせられない」「シアトリに帰ってください」と告げます。しかし沖田はあきらめず、大量の資料の中から虎之助を生還させる可能性を見出そうとします。

その姿に心を動かされた一流のオペナース柴田由紀が力を貸し、一筋の光を見出します。しかし、再手術を提案した会議は、猛反対を受けオペの許可をもらえないまま解散。

なすすべがなくなった沖田に深冬が会議中、父親がまだ生きているのに、亡くなった人のような扱いを受けたことに腹を立てたことを告げます。そして、諦めずに方法を探してくれた沖田をもう一度信用し、父親のオペの依頼をします。

虎之助の再手術は成功、縫合を終えたことをモニターで見ていた深冬は、沖田の元に駆け寄ります。それを見ていた壮大は嫉妬からか、壁を殴り穴をあけてしまいます。

実は、10年前、沖田を病院から、追い出したのは他でもない壮大だったのです。深冬との恋仲が進展することを恐れ、院長に「コネも学歴もない彼は、日本にいてもチャンスは回ってこない」と告げアメリカに行くように仕向け、厄介払いしたのです。

目を覚ました虎之助から、「君みたいなドクターが必要だ」と病院に戻ってくるよう誘われますが、沖田は「やり残したことがあるから」と断ります。

しかし、そのあと深冬の健康診断結果から、脳腫瘍に侵されていることがわかり、壮大は家族の手術はできないと沖田に深冬のオペを依頼します。そして、沖田は病院に残る決意をしするのでした。

スポンサードリンク

今後のキーパーソンは、浅野忠信

今後ストーリーの重要なキーパーソンになるのは、なんといっても木村拓哉さん演じる沖田一光を病院から追いやった檀上壮大を演じる浅野忠信さん。

味方なのか、敵なのか、どういった思惑を持っているのか簡単には読み取れないのがまたいいですね。病院に残った沖田に対し、どう接していくのかも気になります。

第2話のあらすじ・ネタバレ

病院に残ることに決めた沖田は、深冬の症状が手術をしなければもってあと半年であるくらい深刻であることを知り考え込みます。壮大にそのことを告げると、壮大は「自分からはいえそうにない」と沖田に告知をしてもらうよう頼みます。

そのころ、若手外科医の井川は和菓子職人の森本という患者を担当することになります。森本が院長が頼んだ患者と知り張り切って大動脈瘤の手術をするイメージトレーニングを何度も行い、本人に手術の説明を行います。森本に、手術への後遺症について聞かれ詰め寄られた井川は、「大丈夫」と断言してしまします。その言葉に納得した森本は、手術を受けるも、医療ミスが発覚し・・・。

第2話の注目どころ

今回は松山ケンイチさん演じる若手外科医の井川先生が物語の中心になっていますね。世界一の外科医を夢見るエリート外科医でもあり、初めてぶち当たる壁に、沖田も含めどう対応していくのかがポイントになりそうです。

またその医療ミスを病院側として隠蔽しようとする壮大と外科部長、患者を救える方法があるからと再手術をしようとする沖田との対立も注目どころですね。

さらに、予告で流れる井川に向かって放つ沖田の「医者、失格だな」という言葉の意味も気になります。

スポンサードリンク

第1話はもう見れないの?

TBSオンデマンドから、TBS FREEとして見逃した人のために放送終了後から原則1週間、無料で視聴できる見逃し配信をしています。なので、第1話を見逃したという人も安心。2017年1月22日まで無料視聴できますので、やっぱり映像でも物語を見たいという人をチェックしてくださいね。

まとめ

みどころ満載の「A LIFE~愛しき人~」のあらすじ・ネタバレはいかがでしたか?
ポイントはおさえることが出来ましたでしょうか?1話を振り返ってから2話について説明しましたが、内容を思い出すことは出来ましたでしょか?

今後の展開が楽しみですね!見逃しのないようにしっかりと「A LIFE~愛しき人~」を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です