ドラマカルテットのネタバレ・あらすじ5話について

火曜ドラマ「カルテット」4話では、家森(高橋一生)の秘密が明かされた回でした。

巻真希(松たか子)や、巻の旦那の母、鏡子は息子を殺されたとすずめ(満島ひかり)にスパイさせ秘密を探ろうとしています。今回はネタバレになる新たなるスパイや、巻の旦那と見所満載な第5話のあらすじを紹介します。

スポンサードリンク

ドラマカルテットで登場する人物

カルテットドーナツホール

  • 巻真紀(松たか子)第一ヴァイオリン
  • 世吹すずめ(満島ひかり)チェロ
  • 家森諭高(高橋一生)ヴィオラ
  • 別府司(松田龍平)第二ヴァイオリン

ライブレストラン「ノクターン」

  • 谷村大二郎(サンドウイッチマン富澤)レストランオーナーシェフ
  • 谷村多可美(八木亜希子)大二郎の妻の共同経営者
  • 来杉有朱(吉岡里帆)レストランホール係

その他の登場人物

  • 巻幹夫(宮藤官九郎)真紀の旦那
  • 巻恭子(もたいまさこ)幹夫の母
  • 半田温志(Mummy-D)
  • 墨田新太郎(藤原季節)

4話までのカルテットのネタバレ・あらすじ

カルテットドーナツ結成

ある日、カラオケボックスでヴァイオリニストの巻真紀(松たか子)は偶然、弦楽奏者の3人のチェリストの世吹すずめ(満島ひかり)ヴァイオリストの家森諭高とヴァイオリニストの別府司(松田龍平)と知り合います。3人とも真紀が出てくるのを待っていましたが、すずめだけ、巻鏡子(もたいまさこ)という女性から真希に友達として近づきスパイさせます。息子の1年前の失踪を嫁の真希が何かをしたと疑っているようです。

別府司の一言でカルテットドーナツホールとして、ライブレストラン「ノクターン」のオーナー谷村大二郎(富澤たけし)と多可美(八木亜希子)の好意で4人は演奏をします。司の祖父が所有する軽井沢の別荘での4人の共同生活が始まります。

4人の出会いは偶然ではなかった

別府司は、昔、天響祭で真希を一目惚れします。それからストーカーのようにカラオケボックスで待っていたという偶然ではない事実が明かされます。

すずめは、家森の事が好きだという事実や、昔、父親から「超能力少女」をさせられ、それがバレ、世間から批判されて、会社からも無視され、人を信じることができなくなり自分の居場所を探しています。

事実を知った真紀は、あたたかくすずめを受け止めます。軽井沢で別府にいきなりキスをするすずめの心境は?

家森にも、辛い過去があり、結婚した妻と離婚したのは宝くじが当たったが、期限がすぎていた為、喧嘩になり別れてしまったと3人に話します。家森をつけ狙っていた男は、元嫁(高橋メリージュン)の駆け落ちしたお金持ちの男の行方を探していたようです。

家森は、真紀の夫と一緒に入院していた事や、ベランダから真紀に落とされた事実が打ち明けられます。家森は、真紀からお金をゆするためにカラオケボックスに行ったようです。

カルテット5話のネタバレ・あらすじ

家森に衝撃的な事を聞いた別府は、真紀の住むマンションに行き、誰かが訪ねてきた所で終わりましたが、ここからはネタバレを含む第6話のあらすじを紹介します。

鏡子と再会する真紀

巻真紀と別府司が会話中にドアが空き、真紀の義母である巻鏡子が入室してきます。二人が仲良く話しをする姿を見た鏡子は、ただの関係だと疑います。

鏡子は真紀に「みきお、もう帰ってこない気がする。死んじゃったんじゃないかな?」と言い、真紀は「ごめんなさい。もっと電話すれば良かった。そんなわけないよ」と鏡子をなぐさめます。

あやしい来杉有朱

巻鏡子は世吹すずめに、真紀の報告をしますが、真紀のおかげで信じることができるようになったすずめは、鏡子の事を信頼していません。そのやりとりを来杉有朱が隠れて聞いていたようです。

音楽プロデューサー朝木の登場

別府司は、弟が別荘の売却で現れ、無職の3人に仕事を紹介して出ていってほしいと言うことを話します。音楽プロデューサーの朝木が現れて、4人をクラシック音楽のフェスティバルに誘います。ノクターンの演奏を聞いた朝木は、ベタ褒めし、4人は、クラシック音楽フェスティバルに参加することになります。

すずめに語った真紀の過去

文字起こしの仕事中にすずめがやって来ます。真紀の「くそっ」と言った言葉にびっくりした顔をするすずめに真紀が夫のいなくなった次の日にパーティーに行ったことを話しだします。いなくなったのは事故ではなく、単純に逃げ出したと思ったようです。

前にも母親から家出をして、逃げ出した過去があったので、真紀から逃げていたのだと直感します。だからおもいっきり楽しもうとした真紀のつくり笑顔でした。

安心したすずめは、お風呂行った所、真紀は鏡子のカバンについていた小さな花飾りと同じものだと気づきます。

スポンサードリンク

演奏させてもらえないカルテットドーナツ

翌日、音楽フェスティバルのリハーサルに向かう4人は「カルテット美剣王子愛死天ROO」と言うアニコスをさせられてしまいます。自分たちの演奏をさせてもらえないばかりか、ダンスの練習までさせられて、練習が全然できずにリハーサルが終了します。

4人は不安になりますが、スタッフから演奏よりもキャラ押しと言われてしまいます。

練習したいと朝木に4人は話しますが、「僕らみたいな三流は明るく楽しくお仕事すればいいの!あなた達を選んだのは弟さんに頼まれたからでございます」と言われます。

巻鏡子に雇われていた来杉有朱

翌日、音楽フェスティバルですずめが一人で楽譜を見ていると、ピアノ出演者が来られないので伴奏なしと言われます。家森は、不満に思い、出ていこうとしたところを、真紀に諭されます。フェスティバルをなんとか終えた4人は路上で自分たちの演奏をします。

翌日、すずめが巻鏡子に最後だと行って電話しますが、逆に「あなたはもういらないの!さようなら!」と電話を切られます。家に帰ると、来杉有朱が来ていて、ポケットのICレコーダーにすずめは、鏡子に雇われたことに気づきます。

来杉は、ICレコーダーのスイッチを入れ、真紀に次々と夫のことについて聞きはじめます。

すずめはそんな来杉に対して止めようとしますが、あまりにも積極的な質問をするため真紀は夫が出て言ったことを話します。強引な夫の失踪について質問攻めにあう真紀は台所に行こうとした所に来杉が追ってきます。すずめがレコーダーを落として、真紀にスパイだと言うことがバレてしまいます。真紀はすずめをにらみつけますが、来杉は正直に鏡子に頼まれたスパイだったことを明かし、「私達は巻さんの味方ですから」と言います。

巻真紀の夫登場

真紀に秘密がバレたすずめは外にでてさまよいます。別荘に帰った別府と家森は真紀の様子がおかしいと気づきます。

一方すずめは、階段で、男性とぶつかって、ドーナツホールのチラシを持っていたことに驚きます。真紀は、別府と家森に夫の写真を見せます。すずめが階段でぶつかった男性は、真紀の失踪した夫だったようです。

スポンサードリンク

まとめ

巻真紀の夫も現れ、第1幕は終了したようです。次回は第2幕となりカルテットはますます面白くなる展開が気になるドラマです。義母である巻鏡子と真紀の対決や、真紀の旦那の事も明かされるようです。

カルテットの感想!松たか子らの演奏は本物?

2017.02.10

ドラマカルテットのネタバレ・あらすじ4話について

2017.02.09

ドラマカルテットのロケ地 ノクターンや別荘について

2017.02.08

ドラマカルテットのネタバレ・あらすじ3話について

2017.01.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です