朝ドラ ひよっこの気になるロケ地や撮影場所について

2017年4月からスタートする有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。ドラマのクランクインは、2016年11月2日から本格的にスタートしています。朝ドラでは、日本らしい風景や時代を感じさせる建物が毎回登場します。今回の「ひよっこ」では、どんな場所でロケしているのか調べてみました。

スポンサードリンク

ヒロインの故郷は茨城県の山奥の奥茨城村

朝ドラは毎回ピックアップされる地域がありますよね。「とと姉ちゃん」では静岡県の浜松市、「あさが来た」では、福岡県も舞台になり、放送終了後にはゆかりの地を巡るツアーも開催されました。

今回、「ひよっこ」の故郷の舞台としてピックアップされたのが、茨城県です。

「金の卵」とよばれる集団就職で上京した若い世代が多くの困難や障害にぶち当たりながらも、あきらめずに前に進むことで、未熟者だった「ひよっこ」という存在から、大人へと羽ばたくストーリーです。

有村架純さん演じる主人公のみね子も、愛する故郷を離れ、家族のために集団就職する一人です。みね子が幼いころから生まれ育ち、上京するまで家族と一緒に住んでいたのが、茨城県の北西部にある奥茨城村です。

ちなみに、ヒロインの故郷として書かれている奥茨城村ですが、実際の地名には確認できないので、架空の村だと思われます。

茨城県を舞台にした作者の思い

第96回朝ドラ「ひよっこ」は、脚本家の岡田恵和さんのオリジナルストーリーです。ではなぜ、茨城県をヒロインの故郷に抜擢したのでしょうか。

岡田恵和さんは、長い構想期間と、制作統括の菓子浩さんと熱いディスカッションの末、物語を作り始めたのですが、茨城県は東京から見てみると、東北よりも近いのでそれと言って故郷というイメージもなく、それでいて東京からすぐに行ける距離というわけでもないので、茨城の魅力が全国的にあまり知られていないと思ったそうです。

実際に、2016年にブランド総合研究所化が発表した魅力度ランキングでは、茨城県は4年連続最下位になってしまいました。

そんな茨城県を舞台にすることで、地元の人に喜んでもらえたり、全国の人が茨城の魅力に気づいてもらえるようサポートするのも朝ドラの使命と考えていると語っています。

菓子浩さんもヒロインの地元を探しているときに、いろいろな県を見たけれど、谷田部家を暖かい家族として描くと考えた時に、この土地の魅力にひかれたと語っています。

舞台となる茨城県の魅力

茨城県の北西は、自然の山々に囲まれ、魅力ある街並みが広がっています。那珂川・久慈川という2つの川があり、北関東の嵐山とも称されています。古代の遺跡が発掘されたり、歴史を感じることのできる場所が数多くあります。

有村架純さんも本読みしているときよりも、茨城県にいるほうが空気を感じることで開放的になるし、内側からエネルギーが増えてるような気がすると、ロケを楽しんでいるようです。

故郷編の稲刈りシーンロケ地は茨城県高萩市

茨城県は農業産出額は全国2位で、農業が盛んにおこなわれています。

みね子の家でも、農業で生計を立てているので、ドラマの中では稲刈りのシーンなどもあります。

撮影の本格スタートは11月でしたが、季節的な理由もあり、実はクランクインよりも前に稲刈りシーンは先行ロケがスタートしていました。そのロケ地に使われたのが茨城県にある高萩市です。

高萩市は奥茨城村と同じように県北にありますが、北西ではなく北東に位置しています。

明治以降は、炭鉱の町としても栄えましたが、現在は木材加工を中心となっています。観光場所としては、日本の渚百選に選ばれた、高戸海岸、花園・花貫県立自然公園、日本で数少ない海が見えるダムの一つでもある花貫ダムなどがあります。

スポンサードリンク

みね子の通う高校には、長野県にある松本深志高校

画像引用元:http://f.hatena.ne.jp/pansypunkz/20060911005412

みね子が通っている高校のロケ地となっている可能性があるのは、長野県にある1876年に創立され141年の歴史を持ち伝統のある松本深志高校です。

住所は、長野県松本市蟻ケ崎3-8-1で、長野県の松本市にある松本駅から車で5分ほどの距離にあります。

レトロな外観ですが、現在も生徒が通っており、長野県内の伝統名門高校です。

1960年ごろに、この学校にクロという犬が住み着いており、夜間警備の巡回や授業巡回したり、職員会議に出席していた事実を一部フィクションを入れて妻夫木聡さん主演で「さよなら、クロ」という映画も作られました。

とがった柱の形や、正面玄関アーチはゴシック風意匠に特徴がある建物で、平成15年に国の登録有形文化財に登録された管理普通教室棟と講堂もあります。

11月12日にロケが行われたようで、前日の撮影スタッフの目撃情報も上がっています。

茨城県の大子町にある諏訪神社

画像引用元:http://site5.tori-info.co.jp/p/chizukyu/guide/chizu/suwajinjya/

地元では、おすわ様の名前で親しまれている大子町小生瀬にある諏訪神社でもロケが行われていたようです。どのシーンになるのかはまだはっきりとわかっていませんが、有村架純さんの目撃情報があります。

大子町は朝ドラ「花子とアン」や「おひさま」でも撮影場所になったことがあるレトロ感あふれる地域です。

エキストラ募集では、リレーを応援する観客という指定がありましたが、場所としては諏訪神社で行われるようです。もしかしたら大子町での有名ロケ地、旧上岡小学校でのロケもあったのかもしれません。

奥茨城村聖火リレーのロケ地

エキストラの募集情報を見てみると、リレーを応援する観客や、高校陸上部員として常陸太田地域も声がかかっていました。場所の特定はできていませんが、常陸太田市もお米の栽培が盛んにおこなわれているため、田園風景がとても魅力です。

国道349号線から南西には、田園風景が広がっているので、田んぼを通して季節感を感じることができる地域で、リレーで走るシーンなどのロケ地として選ばれたのかのしれません。

羽田美智子さんのブログで写真がアップされており、エキストラ募集されていたのが佐久間由衣さん演じる助川時子が参加する「奥茨城村聖火リレー」ということがわかりました。聖火リレーなら奥茨城村の各地を回るということなので、諏訪神社以外もいろんな場所でのロケがあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

「ひよっこ」は故郷編から撮影がスタートされており、春夏秋冬を感じる日本の懐かしい田園風景を撮影するためにクランクインした11月からロケも頻繁に行われています。茨城県が舞台ということで、ロケ地もやはり茨城県を中心に撮影されているようですね。

朝ドラ ひよっこにモデルが出演!その他のキャストは?

2017.03.09

朝ドラ ひよっこの原作やあらすじに関する情報

2017.03.09

朝ドラ ひよっこのキャストや主演有村架純について

2017.03.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です