ドラマ東京タラレバ娘のネタバレ・あらすじ5話について

水曜ドラマ東京タラレバ娘、前回はタラレバと言われる3人娘にそれぞれの彼氏ができて、幸せの回でした。倫子だけは、仕事も恋も上手くいっていないようです。今回は素敵な彼氏が登場?ネタバレになる5話のあらすじの紹介です。

スポンサードリンク

東京タラレバ娘とは?

原作が、東村アキコの漫画がドラマ化されています。吉高由里子、榮倉奈々、大島優子の3人が三十路女のタラレバ娘を演じています。

ドラマ東京タラレバ娘の登場人物

  • 鎌田倫子「吉高由里子」30歳の売れない脚本家で独身です。
  • 山川香「榮倉奈々」ネイリストです。
  • 鳥居小雪「大島優子」居酒屋「呑んべえ」の看板娘です。
  • KEY(鍵谷春樹)「坂口健太郎」若手の人気モデルで、年上の死んだ元カノがいます。
  • 早坂哲郎「鈴木亮平」8年前倫子に振られたプロデューサーです。
  • 芝田マミ「石川恋」早坂の恋人で、ADです。
  • 鮫島涼「平丘裕太」香の元彼で、人気バンドBUMKEY’Sのギタリストです。
  • 鳥居安男「金田明夫」小雪の父で、「呑んべえ」の店主です。
  • 丸井良男「田中圭」小雪が好きになった既婚者のサラリーマンです。
  • 奥田優一「速水もこみち」5話に登場するイケメンのバーテンダーです。
  • 倫子だけに見える心のキャラのタラや、レバの声は加藤諒とPerfumeのあ~ちゃんが演じています。

前回までのドラマ東京タラレバ娘ネタバレあらすじ

鎌田倫子(吉高由里子)は、30歳の独身で彼氏もいない売れない脚本家です。いつも親友のネイリストの山川香(榮倉奈々)と居酒屋「呑んべえ」の看板娘の鳥居小雪と女子会を開き、タラレバ話で盛り上がっています。「きれいになったらもっといい男が現れる」や「好きになれれば、結婚できる」などのタラレバを言っています。

いつもの女子会でタラレバ言いながら盛り上がっていると、隣にいたイケメンの金髪男子にタラレバ女と説教される3人でした。

倫子が振った相手のプロデューサーの早坂哲郎は、かっこよくなって、倫子は早坂に告白しようとしますが、早坂の部下の芝田マミに獲られてしまいます。倫子は、「タラレバ」ばかり言ってそのツケがまわってきたことに気づきます。

さらに、脚本の仕事も若い女にとられ、ショックの倫子は「呑んべえ」で酔いつぶれて若手モデルのKEYと一緒に一夜を過ごしてしまいます。一方で、香の10年前の元彼の鮫島涼が人気バンドになって目の前に現れ、何故か香は元彼と一夜を共に過ごします。小雪にも丸井というサラリーマンの事が好きになっていました。丸井は既婚者のようです。倫子もKEYに自分への気持ちについて訪ねますが、「自分の気持ちを隠している女とは恋愛できない」と言われます。

商店街で小雪が温泉チケットを当てて、丸井と一緒に行く約束をしてしまった事から3人は喧嘩をしてしまいます。丸井にドタキャンされてしまう小雪や、元彼にヒドイ扱いをされる香は、温泉旅館に3人で集まって仲直りします。

ここからはネタバレする第5話のあらすじを紹介します。気になる方は第4話を見てから読んでください。

東京タラレバ娘5話ネタバレ・あらすじ

占い師に悪い恋の予言をうける3人は

よく当たる占い師のところに3人は行き、占ってもらいます。占い師が出した結果は、このままでは恋愛できないという予言にショックを受ける3人でした。倫子の家に集合した3人は「どげんとせんといかん!」と叫びます。小雪と香はもう会わないと決意しますが倫子は、仕事も恋も何もないので決意できません。二人が帰った後でタラとレバが現れ同情されます。

イケメンのバーテンダー奥田優一登場

倫子はスーパーに買い物に行き、もやしの争いで負けた倫子を見ていたおしゃれで背の高いバーテンダーの奥田優一(速水もこみち)と出会います。キャベツを片手に持った奥田は、「これ、いっしょに食べませんか?」と言われ、倫子は奥田に一目惚れします。

倫子は、奥田のバーに行き、食事や映画の話で盛り上がります。

盛り上がる3人やKEYの過去

翌日、奥田のことで3人は「呑んべえ」で盛り上がっています。奥田が独身であるかどうかを友人たちから質問される凛子の元に、KEYが隣に座ります。結婚は夢と言った3人に「結婚は夢じゃなくて、現実だろ」とつぶやきます。倫子の友人が「結婚したことないくせに」と言うと、KEYは結婚したことがあると言って、驚いた倫子達はそれ以上なにも聞けませんでした。

脚本の仕事が入った倫子

帰宅した倫子に早坂から電話があり、翌日、会議室で倫子がおろされた「恋するシーズン」の脚本家が倒れたので、コンペに参加してほしいと早坂に頼まれます。引き受けた倫子は締めりが明後日までと短期間ながら、友人達の誘いも断り、原稿に集中します。

二日後の朝に完成した原稿を送った倫子は力尽きてその場で眠ってしまいました。倫子の友人、香も元彼とのメールを既読スルーしていましたが、いきなり香の店にやってきて、香の無事を確認した後は帰っていきます。小雪は、丸井の写真を見て心が揺れています。

スポンサードリンク

脚本のコンペに落選して奥田のバーに行く倫子

倫子は目を覚ましてカフェレストランに行き、KEYと出会い「ピンチヒッターが空振りしたら?チャンスはピンチじゃないの?」と言われます。早坂からベテランの脚本家に決まったと報告をうけた倫子は、すぐ正論を言うKEYに「正論は人を傷つけることもあるんだよ」と言います。

その後、奥田のいるバー「サンセット」で慰めてもらいます。心が癒された倫子は、奥田とホルモン屋に行って結婚しているかどうかを確認します。奥田は独身であることや、「結婚します?」と倫子を気に入ったようです。

奥田とデートする倫子

二人の事を「呑んべえ」で話す倫子に、香と、小雪は次の約束をしなかった事を責めます。奥田から電話で、デートに誘われた倫子は友人達に温かく送り出されます。

次の日、倫子は奥田と水族館デートをします。倫子は奥田から告白され、一目惚れだった倫子はOKを出し、二人は交際することになります。LINEで友人に報告すると、喜んでくれます。小雪の方も丸井からドタキャンされたことを謝罪されると、また恋に落ちてしまいます。香も元彼にLINEしそうになるが、できませんでした。

倫子はKEYと会い、奥田と交際したと報告します。

東京タラレバ娘5話の感想

今回は、倫子が一番不幸だと思っていたけど、イケメンの男(速水もこみち)が現れて一気に幸せになる展開で、KEYの過去や、既婚者の男の裏切りで傷心してしまった小雪は、再会してどうなるのか?バンドマンの元彼の事をふっきれない香や、見所が多い5話でした。

スポンサードリンク

まとめ

吉高由里子主演のドラマ東京タラレバ娘は、視聴率も好調で、いきなり、イケメンの速水もこみちの登場で、タラレバ話ばかりしている3人のうちの倫子の恋の成就、KEYの倫子への思いなど、第6話では、奥田と交際を始めた凛子は、幸せになれるのでしょうか?

東京タラレバ娘のロケ地である居酒屋の詳細やその他のロケ地

2017.02.10

東京タラレバ娘の動画を観るならpandoraで視聴

2017.02.10

ドラマ東京タラレバ娘のネタバレ・あらすじ4話について

2017.02.09

東京タラレバ娘 吉高由里子や榮倉奈々の衣装・コートなど

2017.02.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です