ドラマ きみはペットの最終回!結末ネタバレ情報

漫画が原作のドラマ・「きみはペット」飼い主と人間のペットという奇妙な関係のラブコメです。

14年前(2003年)にドラマ化されて主演の松本潤と小雪がモモとスミレを演じていました。

2016年に再びリメイクされて関東ローカルで、2017年2月から始まったようです。入山法子と志尊淳が演じたスミレとモモも注目されているようです。

今回は、ネタバレになるきみはペットの最終回の結末について調査します。

スポンサードリンク

きみはペット漫画&ドラマのネタバレあらすじ

漫画でのあらすじ

主人公の巌谷澄麗(いわやすみれ)は東大卒で、大手新聞社に務めるスーパーキャリアウーマンです。そんなスミレも恋愛ベタで、同じ職場の彼氏とも付き合っていましたが、別れてしまいます。

そのことで落ち込んだスミレは、職場でも上司を殴ってしまい、左遷させられてしまいます。

スミレは失恋と仕事というショックで帰宅途中、大きなダンボールに入った20歳のイケメンの男をマンションに連れ帰ってしまいます。どこにも行くところがないとイケメンの男は言います。

昔飼っていたペットの面影もあり、スミレはペットになってくれるならと提案します。こうして、スミレとペットのモモの奇妙な同居生活が始まります。

ドラマでのあらすじ

東都新聞社に務める巌谷スミレは、高学歴や容姿端麗で仕事ができるキャリアウーマンです。

完璧すぎる彼女は、繊細でもあり、恋愛ベタで、社内恋愛をしていたが、すぐに失恋や、そのショックで仕事にも影響がでてしまいます。そのミスが、外報部のエリートだったスミレは、左遷が決定してしまいます。

落ち込みながら帰宅する途中、段ボールに捨てられた謎のイケメン男を発見します。泥酔していたスミレは、そのイケメンの男にお姫様抱っこされて家まで送ってもらいます。

翌朝、イケメンの男と遭遇して、飼い犬に似ていたので、ペットとして暮らすことを提案します。こうして二人の暮らしが始まりました。

原作と、ドラマ版では、スミレとモモの出会い方が違いますね。松潤のときは、雨の中、傷だらけで看護していたスミレを思い出します。最終回のあらすじはどうなっているのでしょうか?

ドラマきみはペットの登場人物

  • スミレとモモ

ご主人様の巌谷澄麗(スミレ)は東大卒+ハーバード大卒のバリキャリです。巷談新聞社の生活情報幹部記者で外見は、優秀だが恋愛ベタで、小心者。2003年版は小雪、2016年版では入山法子が演じています。

ペットの合田武志(モモ)は、モダンバレエのダンサーで、ある理由で、スミレに拾われます。2003年版は松潤、2016年版では志尊淳が演じています。

  • スミレの初恋相手

蓮實滋人:スミレと同じ職場で働く大学時代の先輩、初恋相手で外報部エリート記者です。2003年版は豊川悦司、2016年版では竹財輝之助が演じています。

  • スミレの親友

白妙ユリ:スミレの幼なじみ兼親友です。2003年版は鈴木紗理奈、2016年版では野呂佳代が演じています。

  • スミレのライバル

福島紫織:東都新聞社社員で金持ちの男性ばかりを狙う魔性の女です。2003年版は酒井若菜、2016年版では柳ゆり菜が演じています。

澁澤ルミ:モモ/武志の元カノでスミレのことをライバル視します。2003年版は石田さとみ、2016年版では志田友美が演じています。

きみはペット最終回のネタバレあらすじ

原作の漫画と、旧ドラマでは最終回が違っているそうです。そこで最終回までの漫画のあらすじを紹介します。ここからは、ネタバレな内容になるので、まだ漫画を見ていない方は注意してください。

漫画版最終回までのあらすじ

スミレは蓮實先輩と恋人関係になって1年経ちますが、他人行儀な態度をとってしまいます。そこで蓮實先輩に「ありのままの君でいて」と言われます。

やがて蓮實先輩の香港転勤が決定、モモも含めて微妙な関係になってしまいます。

会社内でも仕事が山積みなのに、部下は非協力的です。家ではモモと喧嘩をして、親友のユリと相談して、香港にいる蓮實と遠距離恋愛をします。

蓮實からのプロポーズを受け入れたスミレに、自分の居場所がないと思ったモモは、ベルギー留学を決意します。スミレの方も蓮實先輩と福島の関係に気付き、モモのプロポーズを受けます。ベルギーと日本との遠距離恋愛になると思ったスミレは新聞記者を退職します。

スポンサードリンク

きみはペット最終回のネタバレ結末

漫画とドラマ版では結末が大きく違っているネタバレな「きみはペット」の最終回の結末を紹介します。

漫画版の結末は、スミレはモモと一緒にベルギーについていきます。モモもダンサーとして活躍し、ホテルで二人は一夜を過ごします。

ランチの席で、モモの母親と4人の姉を紹介してもらうスミレは、容姿や挨拶と完璧にこなすが、靴は、ホテルのスリッパを履いていてスミレは気絶します。しかし、モモの舞台を見た母親は、スミレの存在がモモを変えたとわかっていたようです。

一方、蓮實先輩は、長野で福島紫織と暮らして半年になり、東京の本社でスミレが海外で結婚することを耳にした蓮實先輩はショックをうける。

スミレに福島との浮気がばれたと知った蓮實先輩は、スミレの留守電に謝罪のメッセージを入れ、福島紫織と結婚します。

スミレの実家では、祖父がモモとの結婚を反対していたが、母親が子供を妊娠したスミレを見抜き、祖父もモモの素性を知り、結婚は認められます。こうして、スミレはモモを武志と呼んで、夫婦になり幸せになりました。

2003年版のドラマの最終回の結末

旧ドラマの最終回や、結末は原作漫画と全く違っていたようです。最終回で、スミレが蓮實にモモは人間の合田武志がペットだと告白します。

モモもスミレが蓮實と恋人になったので、諦めて海外に行く準備をしています。

そんな時、蓮實とモモは出会い、ペットでのこれまでの生活を話して、旅立つモモに「別れるつもりはないよ」と言いながら蓮實は、スミレのマンションに行き「本気で好きだったから許せない」とスミレを振って出ていきます。スミレはペットと彼氏を一度に失ってしまいます。

一方、カウンセラーからの一言で、スミレへの自分の気持ちを知ったモモは、空港からスミレの家に行こうとしますが、事故に遭ってしまいます。

一人になってしまったスミレの元に「お宅のペットが事故に会いました」と電話をうけ、玄関で、腕に包帯を巻いたモモが現れ、そのままキスをする二人はペット以上の恋人未満の関係になり、スミレとモモは幸せな同居生活を再び始めたのでした。

スポンサードリンク

リメイク版ドラマの最終回の結末について

きみはペットのリメイク版の最終回はどういう結末になるのでしょうか?漫画とドラマでは、かなり展開が違っていましたね。

2017年にリメイクされたドラマ「きみはペット」のストーリーは、全16話になる予定のようです。現在4話まで放送されていて、モモとスミレの飼い主とペットの関係もどう違ってくるのか楽しみです。

まとめ

松潤のドラマ「きみはペット」は14年ぶりに若手俳優の志尊淳が演じることもあり、再び注目されているようです。

漫画とドラマの最終回のあらすじや、結末は全然違っていたようです。しかし、ハッピーエンドだったので良かったです。志尊淳と入山法子が演じるモモとスミレの今後の最終回までの結末が気になります。

ドラマ きみはペットのロケ地や撮影場所に関する情報

2017.03.02

ドラマ きみはペットのネタバレ・あらすじ4話について

2017.03.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です