ドラマ突然ですが、明日結婚しますのネタバレ・あらすじ1話

2017年1月から始まる月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します。」。

主演は西内まりやさんと山村隆太(flumpool)さん。人気バンドflumpoolのボーカルを務める山村さんは初の俳優業。異例のキャスティングとして話題となっています。結婚観、恋愛観が全く異なる二人。それが原因で何度もぶつかり合う。そのぶつかり合いを通して相手のことを知るほどに互いに惹かれ合うラブストーリー。

今回はそんな人気コミック原作のドラマ、「突然ですが、明日結婚します。」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

突然ですが、明日結婚します。の基本情報

タイトル:「突然ですが、明日結婚します」

原作:宮園いずみ(小学館『プチコミック』)

放送時間:毎週月曜日21時00分〜

音楽:やまだ豊 安田寿之 西口悠二

プロデューサー:後藤博幸 大木綾子

脚本:山室有紀子 倉光泰子

演出:並木道子 石井祐介

主題歌:西内まりや

制作著作:フジテレビ

キャスティング

高梨あすか(西内まりや)

いずみ銀行法人営業課の銀行員。金融に関する多くの資格を持ち、熱心で顧客からの信頼も厚い、いわゆるデキる20代女性。そんな彼女の夢は意外にも「専業主婦になること」だった。5年付き合った恋人から別れを告げられ、婚活に勤しむがその先でも様々なハプニングに悩まされる。

名波竜(山村隆太)

TNNの人気絶頂アナウンサー。NY支局勤務から帰国後、すぐに帯情報番組の司会を任される。過去に女優・桜木夕子との不倫をしている。夕子の結婚に対する考え方に触れたことと、育った家庭環境が嫌婚観のもとになっている。あすかとは結婚や恋愛に関する価値観の違いでぶつかり合いつつも、次第にお互いが気になる存在に。

神谷暁人(山崎育三郎)

あすかが勤めるいずみ銀行の系列証券会社の営業マン。合理主義者。あすかの結婚願望、専業主婦願望を把握し、条件が合致するとしてプロポーズをする。次第にあすかの人として、女性としての魅力そのものに惹かれるようになる。

桐山莉央(中村アン)

あすかと気が合う、仲の良い先輩。自分磨きに余念が無く、恋愛や結婚には興味を持たない。

牧瀬桃子(岸井ゆきの)

あすかの同僚、女子会仲間。結婚に対してはドライな考え方をしている。

小野広紀(森田甘路)

あすかの先輩、良き相談相手。高校時代から名波とは親友で同居中。梨央のことが好き。

スポンサードリンク

矢沢麻衣(山賀琴子)

新人女子アナ。名波の後輩。

清水悠真(鍵本輝)

名波をライバル視する若手アナウンサー。

金田三郎(加藤諒)

通称きんちゃん。名波のメイク担当。TNN局の事情通。

留守香奈(椿鬼奴)

通称『カナママ』多国籍料理店『LuZ』の店主。世界各国を旅した過去あり。絶妙のトークに定評があり、常連客であるアスカには恋のアドバイスを。

桜木夕子(高岡早紀)

 

人気女優。かつて名波と不倫関係にあった。破綻した結婚に執着する価値観を持つ。

三上響(沢村一樹)

番組をこよなく愛す、アナウンス室室長。名波をアナウンサーとして高く評価している。

氷室統哉 (杉本哲太)

TNNテレビ、編成局ゼネラルプロデューサー。

高梨 奏 (葉山奨之)

あすかの弟。

高梨典子 (石野真子)

あすかの母親。あすかの理想とする家族・家庭を作り上げた功労者。

高梨新太郎 (古舘寛治)

あすかの父親。

主題歌は主演の西内まりや

「flumpoolのボーカル山村隆太さんが出演するので、flumpoolが主題歌を担当するのでは?」という予想を多くの人がしていたようです。

今回、主題歌を歌うのは高梨あすか役として主演を務める西内まりやさんです。西内さんは音楽プロデューサーと一緒に楽曲制作を行い、躍動感のあるダンスミュージックに仕上げたらしいです。flumpoolのファンとしては残念なところですが、西内さんも歌唱力に定評のある方です。まして楽曲の制作にまで携わるのは女優を本業とされている方としては珍しいですよね。

ドラマ自体は勿論、主題歌への期待も高まります。

ドラマ全体のみどころ

価値観と価値観がぶつかり合ったり寄り添い合ったり、そんな心理的な距離感に重点を置いたドラマだと思います。

原作ではあすかと名波の二人のぶつかり合い惹かれ合うシーンが際立った印象を受けましたが、ドラマではほかの登場人物の相関関係も深く掘り下げると予想されます。また、今回初のドラマ出演となる山村さんの演技も気になります。

歌詞を書いて歌うのと、台詞で感情を表現するのは密接な関わりがあると思うので楽しみです。

「突然ですが、明日結婚します。」の原作は?

プチコミック(小学館)で連載中の宮園いづみさんが描く同名漫画が原作です。

原作内ではあすかが料理の腕前を披露する場面があったり、名波が寝起きが悪くて起こしに来た人間に男女問わずキスをしたがったり、とそれぞれの個性が躍動しています。ドラマとしてどのようにアレンジが施されるのかが見所ですね。

第1話のあらすじ・ネタバレ

27歳の誕生日、高梨あすか(西内まりや)は5年付き合っている恋人とともに思い出の水族館へと出かける。

結婚願望が強く、専業主婦になりたいあすかはそこでプロポーズさせることを期待する。その期待は裏切られ、恋人からは別れを告げられる。

傷心の最中、あすかは同僚たちと一緒に結婚式に出席する。新郎の友人として司会を務めていたのがTNNアナウンサーの名波竜(山村竜太)だった。ブーケトスの際、ブーケを取ろうと手を伸ばして体制を崩したあすかはプールに落ちてしまう。機転を利かせ、そのハプニングを笑いに変えることで会場を盛り上げた名波に対してあすかは「幸せになりたい人の気持ちを笑うなんて最低だ!」と非難する。

同僚たちは、後輩の結婚を知ることでさらに落ち込んでいるあすかを励ますために飲みに誘う。

そのままあすかたちは同僚の一人、小野広紀(森田甘路)のマンションに訪れ酔いつぶれて眠る。翌朝、寝ている小野を起こそうとしたが、その男性は小野ではなく名波だった。あすかは寝起きの名波にふいに引き寄せられてキスをされ。。。

スポンサードリンク

まとめ

ここ最近の月9ドラマとしては珍しく明るくキャッチーなテーマです。

原作を読んでみた感じだと、あらすじとしてもエンターテイメントとして安心して見られるドラマだと思います。「結婚」というものに対する考え方が人によって様々だという認識がようやく浸透してきた今だからこそ世に出る作品、という気がします。

興味深いのは西内さんが実年齢より上の設定の役をやってることですね。24歳の西内さんが結婚する後輩を見送り、結婚出来ない自分に落ち込む27歳のあすかの役をどう演じるのかが気になります。年齢によって結婚に対する意識はかなり変わるはずですから。実際には既婚者で家族愛の強い山村さんの変身ぶりも気になるところです。

ご興味をもっていただけましたでしょうか?では新月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します。」お楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です