ドラマ火花のロケ地である城や公園、熱海についての情報

2017年2月からNHKで放送中のドラマ火花は、主演の林遣都や浪岡一喜が出演している漫才の生涯を描いたドラマです。

そんな気になる火花のロケ地である城や公園、漫才と花火のシーンに使われた熱海や東京都内を調査します。

スポンサードリンク

ドラマ火花のロケ地・熱海について

火花のロケ地は熱海や、東京都内の吉祥寺や商店街、公園など様々な場所で撮影されていたそうです。

第1話ではロケ地となった熱海が中心で撮影が行われていたようです。どんな場所で撮影されたのか紹介します。

熱海城

静岡県熱海市にある熱海城でもロケが行われたのでしょうか?残念ながら情報がないようです。場所は静岡県熱海市曽我山1993です。家族やレジャー設備あり、人気のようです。

火花のロケ地・仲見世商店街

1話の冒頭で、コンビスパークスの2人が歩いているシーンで使われています。撮影日は早朝の6時頃から行われたそうです。お店の営業は8時ごろ開店が多い中、撮影協力してくれたそうです。

11月の秋に撮影されたそうですが、設定は真夏だったため、薄着の出演者はかなり寒そうだったようです。ロケ地の住所は、静岡県熱海市田原本町6-10です。

JR東海道熱海駅前のアーケードのある商店街で、観光客や地元の人が多く立ち寄ります。

ドラマ火花のロケ地・渚親水公園のムーンテラス

画像引用元:http://www.ataminews.gr.jp/spot/121/

1話で、コンビスパークスの2人が漫才の練習をしながら歩きながら熱海の花火大会に向かうシーンの撮影で使われたそうです。ロケ地の住所は、静岡県熱海市渚町2です。熱海サンビーチの隣にある自然を一望できる人気スポットのようです。

ドラマ火花のロケ地・熱海サンビーチ

画像引用元:http://www.ataminews.gr.jp/spot/119/

2015年11月3日に、花火大会の撮影シーンで使われています。500人以上のエキストラを使った大規模なロケとなったようです。ロケ地の住所は、静岡県熱海市東海岸町15です。

IR東海道熱海駅から20分かかるそうで、熱海サンビーチは、実際の花火大会の会場や、海水浴場としても有名のようです。

ドラマ火花のロケ地・熱海の居酒屋

居酒屋「彦陣」は、AKB4やNMBの山本彩が居酒屋の店員で、徳永と神谷が初めて酒を飲んだ場所で使われています。ロケ地になった居酒屋の住所は、静岡県熱海市昭和町16-3です。

ドラマ火花のロケ地・三景荘脇の階段

1話で、神谷が弟子になる条件として伝記を書けと徳永に言ったシーンの撮影場所として使われています。ロケ地となった住所は、静岡県熱海市田原本町1-13です。

三景荘脇の階段は、仲見世商店街の近くにある旅館「三景荘」の脇にある長い階段です。JR東海道線熱海駅から徒歩3分で行けます。

ドラマ火花のロケ地・熱海銀座商店街

画像引用元:http://style.tokyu-resort.co.jp/palm-shore

熱海市の商店街は、「仲見世商店街」の他に「銀座商店街」があります。

ドラマ火花の撮影で、徳永が熱海で神谷伝記を書くために井上文具店でノートを買うシーンで使われています。ロケ地の場所は、静岡県熱海市清水町12-13です。

昔は、熱海の中心地としてにぎわっていた銀座商店街は、レトロな建物、軒先につるされた干物など昭和が感じられる商店街のようです。

スポンサードリンク

ドラマ火花のロケ地・熱海の旅館

有料動画NETFLIXの10話で徳永と神谷の2人のラストシーンの撮影で使われたようです。創業120年以上の老舗旅館で露天風呂から花火がきれいに見えるのが特徴のようです。

ここはドラマのロケ地になることが多く菅野美穂主演ドラマ「結婚しない」や倉科カナ主演ドラマ「奪い合い、冬」にも使われています。ロケ地となった場所は、静岡県熱海市小嵐町14-8です。

居酒屋「彦陣」のすぐ近くにある旅館「新かどや」で、若女将も出演しています。

ドラマ火花の東京都内のロケ地

2話から東京でのシーンが多いですが、ここからは東京都内のロケ地を紹介します。

武蔵野珈琲店

原作者の又吉直樹がよく通っている火花の聖地のようです。ドラマでは渡辺を演じる小林薫の働いている店のようです。
場所は、東京都武蔵野市吉祥寺南町1-16-11です。

いせや公園店

井の頭公園の入口付近の焼鳥屋はドラマのシーンで使われ、聖地としても非常に有名になったようです。
場所は、東京都武蔵野市吉祥寺南1-15-8です。七井橋通り沿いにあるいせや公園店は、武蔵野珈琲店から井の頭公園方面に1分ほど歩いた所にあります。

吉祥寺北口駅前

吉祥寺の顔として有名な吉祥寺北口駅前の近くには毎日多くの人が訪れる吉祥寺サンロード商店街もあってこちらもロケ地となっています。
場所は、東京都武蔵野市吉祥寺南町2-1です。

ハモニカ横丁

昭和の雰囲気漂う吉祥寺の飲み屋・ハモニカ横丁も徳永と神谷の毎晩飲み歩くシーンの撮影で使われています。ハモニカ横丁の中や、居酒屋「三舟」の店内もドラマの撮影で使われていたようです。
場所は、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-6です。

コインランドリースズキ

地上波ではまだ放送されていないそうですが、徳永が少し売れっ子になったとき髪の毛を銀髪に染め、神谷と飲んだ帰り道の途中でコインランドリースズキが使われたようです。

その他の火花の東京ロケ地

火花のロケ地は、この他に「高円寺駅前」「バリトラ高円寺本店」「高円寺パル商店街」などの高円寺周りでのロケを行っていたそうです。三件茶屋の天ぷらや大衆酒場、「明神湯」もロケ地となっています。

ドラマ火花ロケ地・井之頭公園

原作で何度も登場している井之頭公園もドラマ火花のロケ地に使われています。場所は、東京都三鷹市井の頭4-4-1です。

JR中央線吉祥寺駅南口から徒歩7分で行くことができます。都会の中では、自然を満喫できるスポットとして有名で、ロケ地巡りツアーでも使用されています。

幡ヶ谷第二公園

スパークスがネタ合わせのシーンで使われています。物語では高円寺となっていますが、実は、渋谷区にある公園のようです。場所は、東京都渋谷区幡ヶ谷3-38-2です。

恵比寿公園

2話で、スパークスがオーディションで落ち込んで帰るところに百合枝と出会った公園です。地元で、ロケット公園と呼ばれていて、飛行機やロケットなどに遊具があるそうです。場所は、東京都渋谷区恵比寿西1-19-1です。

スポンサードリンク

まとめ

ドラマ火花のロケ地になった熱海や東京周辺の撮影現場について紹介しました。お笑いタレントの又吉直樹の作品ということでネット配信されて注目を浴びたようです。

ドラマでは、花火大会や、飲み屋のシーンは熱海で行われ、2話以降は東京都内で行われているようです。地上波でも放送中のこのドラマは、注目されているようです。

nhkドラマ 火花の放送日や再放送予定などに関する情報

2017.03.04

ドラマ 火花のロケ地の居酒屋や撮影場所に関する情報

2017.03.02

ドラマ 火花のキャストや子役について紹介

2017.03.02

ドラマ 火花のネタバレ・あらすじ1話について

2017.03.01

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です