ドラマ リバース ネタバレ・あらすじ1話について

2017年春に藤原竜也さん主演のヒューマンミステリー「リバース」が放送されます。

ベストセラー作家・湊かなえさんの作品を原作に、TBSで上質なミステリーを作ってきた製作スタッフで贈るこのドラマは必見です!

スポンサードリンク

ドラマリバースのあらすじ

主人公の深瀬和久は、有名大学には入ったものの、32歳になった今でも特に目立った出来事もなく、事務機メーカーに勤めながら、地味な暮らしをしています。そんな彼にも、美穂子という、おしとやかな恋人がいます。

何の変哲もない日常を送っていた深瀬でしたが、ある日美穂子のもとに一通の告発文が届くことで物語は動き始めます。

彼女から受け取った「深瀬和久は人殺しだ」という告発文を読んだ和久は、大学時代からずっと心の奥底にしまっていたある出来事を思い出すのでした。

それは、大学時代に亡くなった親友、広沢由樹のことでした。広沢由樹は10年前の冬、深瀬も所属していた大学のゼミの仲間といったスノボ旅行中に、不審な事故死を遂げていたのです。けれどこの事故は、普通の事故ではなく大きな秘密を抱えていました。

深瀬と同じように秘密を抱えているゼミ仲間のもとにも、同じような告発文が届きます。中には、命を狙われるような事件も起き始め、深瀬は仲間とともに10年前の秘密と向き合う決心をするのでした。

10年前に隠された秘密と、真相、そして脅迫犯の正体など、様々な謎がからみあい衝撃の結末へと動き出します。

ドラマリバースの原作はあるの?

 

このドラマの原作となるのは、読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の女王とも呼ばれる湊かなえさんの同名小説です。この原作は、湊かなえさん初の男性主人公の作品となり、男同士の友情や人間関係も深く描いています。

ラスト2ページに衝撃の事実が待っており、ほっとしたところに脳天を割られるような結末が話題を呼びました。

ドラマリバースは結末を知らないほうが楽しめる作品

物語はミステリーですから、やはり結末を知らずに見ていくのが一番の楽しみ方です。とくにこの「リバース」は、ラストを見てからもう一度見直すと、最初見た時とは違う感覚で見ることができる楽しみの残っている作品です。

しかし、どうしても先が気になってしまう、結末を知っていないと落ち着いて見られないという人のために、衝撃の結末をネタバレしますが、見たくない人は飛ばしてくださいね。

知りたい方にリバースの結末ネタバレ

物語の核心は10年前の旅行中にあります。10年前、旅行に遅れてきた仲間を迎えにいくため、夜に車を出すことになりました。

しかし、免許を持っているメンバーは飲酒をしており、飲酒運転で捕まることを怖がり誰も行きたがりません。押し付けあいの結果、広沢が引き受けることになります。

本来ならとめるべきなのはわかっていましたが、深瀬は何も言い出せずにいました。

そのかわり、せめて眠気覚ましになればと近くの高原でとれたはちみつを入れたコーヒーを広沢のために入れるのでした。深瀬にとってそれが、広沢との最後のひと時になるのでした。

車の運転をしていた広沢は、事故を起こしなくなりました。視界が悪く曲がりくねった道が続く山道で、さらに免許を取り立てだったこと、警察には伏せていましたが、飲酒をして判断が鈍ったから起こった事故だと深瀬も仲間も思っていましたが、心のどこかに後ろめたさを残していました。

事故の真相を調べていくと、深瀬と付き合っている美穂子が昔、広沢と付き合っていたこと、告発文を送ったのは美穂子だったことが判明します。美穂子は、あの事故がまるでなかったようにふるまう深瀬達に怒りを覚え、単なる嫌がらせとして告発文を送ったのでした。しかし、深瀬が懺悔をしたことで、事故の真相を知ってしまったのでした。

行きつけのコーヒー店で話していた深瀬は美穂子に謝罪し、今後は広沢の死の前にあったことを広沢の両親にすべて話すと誓い、広沢を大切な存在として悼みました。

マスターが、2人のピリピリとした空気が落ち着いたのを確認すると、腕によりをかけてコーヒーを作ってくれ、砂糖の代わりに数種類のはちみつを用意してくれました。

深瀬は以前、広沢に入れたものと同じはちみつを見つけました。その蜂蜜は、蕎麦でできており、深瀬はその事実に衝撃を受けます。

実は、広沢は蕎麦アレルギーを持っており、蕎麦を食べることができなかったのです。

広沢の事故の本当の原因は、飲酒ではなく蕎麦の蜂蜜が入ったコーヒーを飲んだことで、運転中にアレルギーを起こしてしまったことだと知り、深瀬は大切な親友を自分が殺してしまったことに気付くのでした。

スポンサードリンク

リバース原作との相違点

実は、ネタバレとして書いたのは原作のネタバレとなります。ドラマでは、原作との相違点がいくつかあり、その違いによって結末が多少変化する可能性があります。

まず原作とドラマの相違点ですが、一番の違いは広沢の死の内容が違います。原作は3年前の夏に行った旅行で車での事故となっていますが、ドラマでは10年前のスノボ旅行中の事故死になっています。

さらに、広沢の死の発見は原作では翌日、ドラマでは半年後に白骨遺体となって発見されます。

ということで、死因や事件性も変わっているため、どこまで原作に近づけているのかはドラマを見るまではっきりとわかりません。

またドラマの広沢の母親は、事故を信じられずに警察に足を運んでいるというのも原作と違います。

さらに、ドラマのオリジナルキャラクターとして昔、事件を担当していたというフリージャーナリストの小笠原や、広沢が好きで旅行に一緒についていったという谷原の妹の存在があり、現恋人の美穂子との関係や過去を暴いていく流れは、原作と違ったストーリーになるかもしれません。

ドラマリバースでは結末が変わってくる

原作ではラスト2ページに衝撃の結末が描かれており、読み終わった後にも、しばらくは衝撃から立ち直れない余韻があります。

ドラマでは、この余韻をさらに膨らませ、原作後の世界も描いたオリジナルストーリーが展開されます。

この続きの部分は今のところ全く予想ができませんが、オリジナルキャストとして登場している武田鉄矢さんが演じる小笠原が関わってきそうですね。

ドラマリバース第1話のあらすじ・ネタバレ

平和で変わりばえのない生活をする地味な男・深瀬和久の唯一の取り柄がおいしいコーヒーを入れることでした。

しかし、コーヒーを入れるたびにゼミ仲間といった旅行中に親友をなくした10年前の悲しい事件が頭をよぎります。

ある日、行きつけのコーヒー店で、パン屋で働いている美穂子と出会います。明るくおしとやかな美穂子に深瀬は心惹かれていき、コーヒー店のオーナーの仲立ちのもと、徐々に仲良くなるのでした。

しばらくして、深瀬のもとに大学時代の教授の体幹祝賀会の知らせが届きます。祝賀会には10年前の事件を同じように体験したゼミ仲間の浅見康介、村井隆明、谷原康生も参加していました。

浅見康介は社会科教師となり、村井隆明は現議会議員の秘書、谷原康生は大学卒業後に村井の妹と結婚し大手商社マンになっており、それぞれの道を歩んでいました。

久しぶりに再会したタイミングを見計らったように、10年前の事件のことを追い続けるフリージャーナリストの小笠原が現れるのでした。

スポンサードリンク

まとめ

2017年4月14日からスタートする金曜ドラマ湊かなえ原作のドラマ「リバース」は、雪山を舞台に物語としても様々な表情を見せてくれます。

原作との設定の違いがドラマにどう影響してくるのか、原作を知っている人でも楽しめるドラマになっていますので、見逃せませんね。

ドラマ リバースの原作について結末のネタバレ情報

2017.03.13

ドラマ リバースのキャスト、出演者についての情報

2017.03.13

ドラマ リバースの原作とは?湊かなえについての情報

2017.03.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です